ブログを書いている人

以前の記事でも書きましたが

はてなブログの無料版は

はてなのadsense広告が表示されるので

google adsenseの審査に通過しにくいと言われています。

今回はちむとちむ嫁が通過した時の状況を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

google adsenseとは?

google adsenseは自分のブログやサイトに

広告を貼り付けて

それを読者の人が気に入って

クリックをした場合に報酬が発生する

クリック型の広告収入です。

 

しかし、このgoogle adsenseは

手軽にできるように見えて

なかなか審査が厳しいことでも有名です。

まず、18禁の内容のものは絶対ダメ!

お酒に関することでも、飲酒を誘発するとしてNGです。

要するに子供に見せても大丈夫なサイトでないと

審査に通過することができません。

これから説明するやり方は

そういうサイトでないことの条件下での話です。

ちむとちむ嫁の体験談なので

これで絶対通るわけでもないですし

ここまでせずとも通るかもしれないので

1つのお話として読んでください。

 

まずは、はてなブログを申請します。

ブログの申請は簡単なので省略します。

デザインとブログの名前を考えます。

と言ってもデザインははてなブログの

テンプレートを使用していますし

ブログの名前も

「ちむ!ちむちむ!ブログ!」

と自分でも意味のわからない名前なので

適当で大丈夫だと思います。

 

ブログの説明はどんな内容のブログになるのか

わかるようには書きました。

ちむの場合は当初は

「BMW E90 325iのメンテナンスや故障と

日々の出来事を綴るブログ」

として説明書きをしていました。

 

ブログアイコンなどもいじりましたが

ちむ嫁はデフォルトで通りましたので

これは関係ないようです。

 

そして、何か記事を書きます。

 

 

そして、google adsenseの申請を行います。

google adsenseの審査は1次審査と2次審査があり

1次審査はほぼ何事もなく通るそうですが

2次審査に落ちる人が結構いるそうです。

 

まず、1次審査です

googleのアカウントを持っていることが前提です。

www.google.co.jp

こちらのgoogle adsenseのHPの真ん中らへんにある

「今すぐ開始」

から登録を始めます。

その過程で自分のブログのURLや説明を書きます。

説明ははてなブログに書いたものをそのままコピペで登録しました。

 

ちむの場合、7月29日の23時にブログを開設し

1記事だけ書いてadsenseの登録申請をしたのですが

翌日の朝には1次審査通過の知らせが来ていました。

 

ちむ嫁もブログ開設し1記事だけ書いて

adsense登録の申請をしたところ

翌日に1次審査通過となっていましたので

1次審査は最初に記したような

子供には見せられない内容でない限り

記事数に関係なく通過するのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

次に2次審査です。

1次審査通過の知らせ後

google adsenseのHPに行くと

2次審査用に広告を作成して

ブログに貼り付けてくださいと指示があります。

 

たぶん、ここで躓く人が多いのではないかと思います。

 

ちむも最初迷いましたが

とりあえず広告を作成すればいいのだろうということで

広告の設定の新しい広告ユニットから

レスポンシブルの広告を作成しました。

adsense広告の作成

 

「同期」「非同期」の項目がありますが

adsenseの審査ではどちらでもいいので

ちむは非同期で選んでいます。

 

広告を作成すると

サイトに貼り付けるためのコードが表示されます。

このコードをコピーして

自分のはてなブログの記事編集から

HTML編集に行き

記事の最初か最後にそのコードを貼り付けます。

HTML編集

 

はてなブログではデザインの項目から

記事中に自動的に任意のHTMLを挿入する機能がありますが

google adsenseの2次審査を通過させる場合には

デザインの項目からではなく

記事編集からHTML編集で直接書き込んでください。

 

ちむは最初、デザインの項目から挿入できることを知らなかったので

審査の時は記事中に直接書き込んで

その翌日には2次審査の通過の知らせが来ていました。

コードを貼り付けた時点で2記事

審査合格が来た時には4記事になっていました。

別に日付の細工などもせず

すんなりと審査に合格できました。

記事内容としてはBMWネタばかりです。

 

 

次にちむ嫁の例です。

 

ちむの時と同様に1記事を書き

ちむ嫁のgoogleアカウントで1次審査に申請を出しました。

これはadsenseの規約に抵触しないブログ内容なので

翌日に通過の知らせが来ました。

 

次の2次審査の時に

ちむのメインブログとは別で

作成した広告コードを

記事中に直接書かずに

デザインから記事下に書き込みました。

はてなブログダッシュボード

 

すると1週間経っても全く通知が来ないのです。

 

記事数もそれから1つも書いていないので

それが原因で落とされたのかなと思ったのですが

落ちたなら落ちたで連絡が来るようなので

どうやら審査すらされていない様子。

 

試しに記事編集から記事中にHTML編集から

直接コードを書き込んでやったところ

翌日に審査通過の連絡が来ました。

 

なんと!1記事しかないブログですが

google adsenseの審査に通過してしまいました。

 

その1記事はちむ嫁が頑張って書いていたので

内容が濃いと判断されたのかもしれませんが

通説として5記事は必要と言われていますが

 

1記事で十分だということが判明しました。

 

しかし、2次審査でテストコードを貼り付けるときは

デザインの記事上下に書くのではなく

記事編集のHTML編集から

直接コードを貼り付けなければ審査すらされないことに注意してください。

 

はてなブログの無料版では

google adsenseの通過は難しいと言われていますが

ちむもちむ嫁も多少の躓きはあったものの

結構すんなりと審査合格しましたので

はてなブログ無料版でも十分

審査に通ることが判明しました。

 

google adsenseを試してみたい方は

はてなブログ無料版で始めてみてはいかがでしょうか。

 

google adsense審査通過まとめ

・はてなブログを申請し何か記事をひとつ書いたらgoogle adsenseを申し込む。

・google adseneの1次審査は子供に見せられる内容なら通過できる。

・2次審査は記事数が1つでも審査に通る。

・テストコードを貼り付ける時、HTML編集から直接コードを書き込む。

・最短で48時間かからずにgoogle adsenseをスタートすることができる。

・はてなブログ無料版でもgoogle adsenseの審査は通過できる。

スポンサーリンク