サービスの警告

BMWはメーター内のインフォメーションボードに

次回のオイル交換までの距離や

点検の時期を知らせてくれる機能があります。

しかし、ディーラーで整備しなかった場合

点検時期超過とサインが出て煩わしかったので

リセット方法を試してみましたので紹介します。


スポンサーリンク

以前、ユーザー車検で車検を通したと

記事を書きました。

kinyanpu.hatenablog.com

その際、ブレーキオイルの交換など

必要な整備はきちんと行っているのですが

エンジンをかける度に

点検時期超過と警告が出てきます。

点検時期超過

リモコンキーの電池もなくなりつつあって

警告が出ていますがその下に

警告が出ているのが分かると思います。

実際運転するのに問題はないのですが

いちいちiDriveの画面に出てくるのが嫌なので

リセット方法を試してみました。

やり方

まず、キーを差し込みます。

コンフォートキーですが一応差しました。

次にブレーキを踏まずに

イグニッションボタンを押します。

エンジンはかからず

メーター内はいろいろな警告灯が

ついていることと思います。

この状態でトリップメーターのリセットボタンを

長押ししてやります。

5秒くらい押していると

△にビックリマークが入ったマークが出てきます。

そのまま押し続けていると

リセットモードの画面に入ることができます。

ウインカーレバーの真ん中くらいにある

上下に出来るボタンで項目を切り替えることができます。

ここでリセットできる項目は

  •  1年法定点検

1年法定点検のインジケータ

  • エンジンオイル

エンジンオイルインジケータ

  • 車検

車検のインジケータ

  • ブレーキオイル

ブレーキオイルのインジケータ

  • 車両点検

車両点検のインジケータ

  • リアブレーキパッド

リアブレーキパッドのインジケータ

  • フロントブレーキパッド

フロントブレーキパッドのインジケータ

モデルイヤーによっては

他にも項目があるかもしれませんが

2008年製の325iはこれだけでした。

スポンサーリンク

今回は車検の時期とブレーキオイルの交換時期のリセットを行いました。

ブレーキオイルの画面に合わせて

BCボタンを押します。

ブレーキオイル警告

すると「RESET」と出てくるので

ここでBCボタンを長押しします。

軽く押しただけでは前の画面に戻るだけなので要注意です。

長押しすると時計マークがぐるぐる回ってリセットが完了します。

リセット画面

次に車検の時期の設定です。

これは単純にリセットではなく

次の時期を入力してBCボタンを押すことで

新しい日付を設定できるようになっていました。

車検警告

こちらが設定前。

設定後

こちらが日付変更後。

今回はこれだけで終わりです。

次回は、エンジンオイルを

オートバックスで交換しようと思っていますので

その際に使用したいと思います。

但し、この方法は自己責任で行ってください。

問題が起きても一切責任は負いません。

スポンサーリンク