沖縄美健 塩トマト 120g×5パック

世界一受けたい授業で

この冬おすすめの新調味料が

ランキング形式で上位5つが紹介されていました。

試してみたいものが多数でしたので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

このレシピは

日本獣医生命科学大学の佐藤秀美先生が

紹介してくれていました。

それではランキングに移りたいと思います。

 

第5位:ピーナツバター味噌

材料

しょうが

はちみつ・・大さじ3

みりん・・大さじ3

みそ・・60g

酒・・大さじ1と1/2

ピーナッツバター(粒入り)・・120g

 

作り方

しょうが(30g)をみじん切りにします。

さらにしょうが(大さじ2)をすりおろします。

みそ、ピーナッツバター、しょうが、みそ、はちみつ、酒を鍋に入れ、まぜあわせます。

弱火にかけ、照りがでるまで3分ほど混ぜて完成です。

 

冷蔵庫で1ヶ月保存できるそうです。

 

しょうがのショウガオールという成分や

ピーナッツの成分で

便秘改善が見込めます。

 

豚肉とキャベツの炒め物などにかけると

美味しいらしいです。

 

第4位:ピリピリ

材料

にんじん・・120g

玉ねぎ・・80g

パプリカ・・40g

乾燥唐辛子・・10g(種は取り除いておく)

酢・・60g

塩・・5g

レモン汁・・15g

 

作り方

すべての材料をフードプロセッサーに入れて

野菜がみじん切り程度になるまで細かくします。

瓶に詰めて1~2日置いて完成です。

 

アフリカのモザンビーク共和国の調味料で

ピリピリとはスワヒリ語で唐辛子という意味です。

 

みそ汁や焼き鳥、鍋に入れても美味しいらしいです。

カレーの辛さ調節にも活躍できます。

 

唐辛子のカプサイシンで体の芯から温まります。

 

 

第3位:泡しょうゆ

材料

お湯・・80g

粉ゼラチン・・1.5g

しょうゆ・・10g

 

作り方

お湯を入れたボウルに粉ゼラチンを加えます。

そこにしょうゆ(お湯の8分の1)を入れます。

このボウルを氷水で冷やしながら

網じゃくしでかき混ぜます。

和平フレイズ AZICA アジカ かす揚げ AZ-005

 

1~2分かき混ぜると

フワフワの泡しょうゆの完成です。

 

この網じゃくしを使用することで

泡立て器よりクリーミーな仕上がりになるそうです。

 

まぐろの刺身などに使うと美味しいらしいです。

 

お湯で8分の1にしょうゆを薄めていますが

泡状態で舌の上にもったりと残るので

薄いしょうゆでも味を感じるところに長く接触して

塩分カットができます。

 

しかし、時間が経つと泡がしぼむので

食べる分を直前に作るのがコツです。

 

 

スポンサーリンク

第2位:豆腐クリーム

材料

絹ごし豆腐・・150g

ヨーグルト・・大さじ3

塩・・1g

 

作り方

キッチンペーパーで豆腐を包み水気を切ります。

フードプロセッサーにすべての材料を入れて混ぜて完成です。

 

冷蔵庫で2~3日保存できます。

 

生クリームやホワイトソースの代用が出来ます。

豆腐クリームグラタンやカルボナーラに使用すると

200~300kcalもヘルシーに作ることが出来ます。

 

大豆タンパク質のβコングリシニンが

体脂肪を減らすので

ダイエットに最適だそうです。

 

 

第1位:塩トマト

材料

トマト・・300g

塩・・15g

酢・・15g

砂糖・・小さじ1

 

作り方

トマトを7~8mm角に切ります。

瓶の中にすべての材料を入れて

蓋を閉めてから10回ほど振ります。

材料が混ざったら1日置いて完成です。

 

冷蔵庫で1週間くらい保存が出来ます。

 

熟れすぎたトマトや傷物のトマトでも作れます。

 

リコピンには抗酸化作用があり

肌のシミやシワの予防に効きます。

また疲労回復にも役立ち風邪も引きにくくなります。

 

塩トマトおでんや

塩トマト卵焼きとして食べると美味しいらしいです。

 

番組では塩トマト納豆が紹介されていましたが

ちむはトマトも納豆も大嫌いなので

絶対に食べたくありません(笑)

 

まとめ

どうでしたか?

ピリピリはかなり使い勝手が良さそうなので

是非試してみたいと思います。

 

ピーナッツバター味噌も

気になるので作ってみようかな。

 

でも塩トマトだけは

自分では絶対作らないでしょう。

千葉豆乃華 粒入りピーナッツペースト 砂糖不使用 145g

 

スポンサーリンク