りぼん 2016年 01 月号 [雑誌]

マンガ雑誌が大好きで

毎週、ジャンプやマガジンを読んでいますが

いつも何故紙の色がカラフルなんだろうと思っていました。

さらにりぼんではインクの色も違うそうです。

その理由が林先生の初耳学でやっていました。

 

スポンサーリンク

ずばりその理由とは

紙の色がカラフルなのは

再生紙を使っているからです。

 

再生紙は色々な紙を使うので

どうしても紙が黒ずんでしまいます。

それを誤魔化すために

わざわざ紙に着色していたのです。

 

それによって

黒ずんで汚いイメージを払拭できるのです。

さらにりぼんでは使用する紙の色を

ジャンルによって使い分けているのです。

 

例えばホラーはピンクの紙を使うことで

読者に分かり易いようにされています。

 

スポンサーリンク

ホラーが苦手な人は読み飛ばせますし

逆に好きな人は先に読めます。

 

そしてインクの色も

季節によって使い分けています。

 

夏なら青のインクでさわやかに

クリスマスシーズンなら赤色で

暖かいイメージを出しているそうです。

 

単行本しか読まない人には

気がつかない疑問かも知れませんが

こういった編集部の意図があると分かって面白かったです。

 

まんがでわかる 編集者の仕事

 

スポンサーリンク