ベラベラブック-2

冬って寒いだけ?

いやいや美味しい物が沢山ありますよね。

そんな冬限定の美味しい物が

12月12日のSmaSTATIONで紹介されていました。

全部で10個あるので紹介します。

 

スポンサーリンク

2015年ももうすぐ終わりですが

今年が終わる前に食べたいグルメが

スマステで紹介されていました。

それぞれ紹介していきます。

 

1つ目:ハンバーグウィルの赤ワイン煮込みハンバーグ

こちらは以前にもスマステで紹介された

行列の出来るハンバーグ屋さんです。

 

以前紹介されたメニューは

モッツァレラチーズハンバーグ1200円でした。

 

そんなハンバーグの名店が手がけるのは

赤ワインで煮込んだハンバーグです。

普通のハンバーグよりフワフワしているそうです。

 

豚肉100%のハンバーグで

岩中豚のみをしようしているそうです。

 

さらに使う挽き肉も様々な部位を使用しています。

ハラミで肉の旨味を

バラ肉で上質な脂を

ロースで食感を

ホホ肉で噛み応えを演出してくれます。

 

そのハンバーグを牛すじと赤ワインを10時間煮込んで作ったソースで

煮込んで作ります。

 

温泉卵がのって美味しそう。

 

そのハンバーグウィルの場所は

東京都新宿区新宿1−3−8

 

営業時間

11:30~14:30(L.O.14:00)

17:30~21:00(L.O.20:00)

狙い目は平日の13:30だそうです。

煮込みハンバーグは3月末日まで。

 

 

2つ目:紅ずわいガニの鉄砲汁

富山県のグルメの

カニの旨味が詰まった

豪快&濃厚なのに激安なカニ汁でした。

 

冬に獲れるズワイガニだからこそ

食べられる一品です。

 

富山は近海で獲れた紅ズワイガニを

冷凍せずに生きたまま持って帰ってくるので

鮮度抜群のカニ汁を頂けるのです。

 

なんと水揚げから3時間の新鮮さだそうです。

 

こんなカニ汁が200円と激安なのです。

これは日曜日限定のイベントです。

 

気になる場所は

魚の駅「生地」

富山県黒部市生地中区265

 

営業時間

9:00~18:00

定休日は1月1日で

紅ズワイガニの鉄砲汁は4月までの提供です。

しかし、12月20日、27日はやらないそうなので注意です。

 

他にも紅ズワイガニのお弁当も900円と激安でした。

 

 

3つ目:鶏水炊き

築地横丁の鶏水炊き900円でした。

アツアツ!旨味凝縮!

濃厚鶏スープがたまらないそうです。

 

営む老舗の鶏肉卸店で創業100年以上で

連日お客が絶えないそうです。

 

11月~3月なのですが

3種類の鶏ガラで採った出汁なのですが

作り方は強火で10時間以上焚くので

冬でも40℃を超えるので

夏場は作業ができないからだそうです。

 

ご飯を入れて鳥雑炊もめちゃくちゃ美味しそうでした。 

普通の親子丼も800円でとても美味しそうでしたよ。

 

気になる鳥藤分店の場所です。

東京都中央区築地4丁目8-6

 

営業時間

7:30~14:00

定休日は日、祝日、市場休市日

ダシがなくなり次第終了です。

 

 

4つ目:磯野家のかきめし

魚がし横丁にそのお店はあります。

築地で働く人やサラリーマンがひっきりなしに訪れるそうです。

 

お店がなくなっちゃうので

今年しか食べられないそうです。

 

ぷりぷりの大粒カキを

これでもかと味わえるそうです。

 

11月~4月までの期間限定ですが

その理由はもちろん牡蠣のシーズンだからだそうです。

 

宮城県産の牡蠣を

甘めの煮汁で炊いて

その煮汁でご飯を炊いた炊き込みご飯です。

 

牡蠣がたくさん入っていて美味しそうです。

 

きになる磯野家の場所は

東京都中央区築地5丁目2築地5-2-1築地市場内

 

営業時間

7:00~16:00

定休日は日・祝日・市場休市日です。

かきめしは4月までの期間限定です。

 

 

5つ目:むしずし

京都の「寿司乙羽」のあったかいチラシ寿司でした。

 

使う酢飯が独特なのです。

ハモを素揚げにして

粉末状にしたものをふりかけ

そこに甘く煮詰めてペースト状にした

シイタケとカンピョウを混ぜ込こんでいるのです。

 

通常の酢飯よりも甘めの酢飯で

そこに甘く煮たシイタケとタケノコをトッピングし

焼きアナゴを敷き詰めます。

 

それをせいろで蒸すのです。

30分以上蒸し上げると

酢の酸味がとんで甘くなって美味しいそうです。

 

注文が入ると錦糸卵をトッピングして

あつあつで頂くそうです。

 

ひもを引っ張って温かくなるお弁当もあり

ホカホカむしすしは1728円で売られています。

お土産によさそうです。

 

気になる寿司乙羽の場所は

京都府京都市中京区中之町(新京極通)565−5

 

営業時間

11:00~21:00

定休日月曜日

むしすしは5月上旬まで

 

 

6つ目:走る屋台 おでんしゃ

愛知県豊橋の電車の中でたべるおでんでした。

 

豊橋鉄道のおでんしゃは全便予約制で

1日1~2本運行しており

おでんが電車内で食べられる路面電車です。

 

昼は11:40分集合

夜は18:10分集合となっており

11月13日~12月28日

1月6日~2月28日の運行となっています。

 

豊橋駅前から運動公園前を運行しており

1時間20分の間

おでんとおつまみにビールの飲み放題もついて

1人3900円です。

 

ビアガーデンの冬バージョンですね。

 

冬限定の理由は豊橋はちくわの名産地だからそうです。

赤味噌をつけて食べるそうです。

 

車内でカラオケまで出来るようで

忘年会に楽しそうです。

 

 

スポンサーリンク

7つ目:森のパン屋さんのビーフシチュー

和歌山の紀美野町でした。

おっと地元!

 

めっちゃ狭い道を行くと

ログハウス状のパン屋さんがあります。

名物のクリームパンは

開店30分で売り切れるそうです。

 

地元紙で見たことがありますが

まだ行ってないのですよね。

 

そんなパン屋さんの併設されているカフェで食べられるのが

丸3日かけるグツグツあったかシチュー950円です。

 

11月~3月の土日のみの提供です。

パン焼き釜で焼くシチューはとてもおいしそうです。

 

元リゾートホテルのシェフだった店主の

シチューはこだわりたっぷりでした。

 

肉を1日赤ワインでつけて

さらにそれを1日かけて煮て

パン焼き釜で焼いて

1日寝かせるという超手間がかかっていました。

 

気になる森のパン屋さんの場所は

和歌山県海草郡紀美野町坂本723−1

 

営業時間

11:00~17:00の土日

ビーフシチューは3月末までです。

 

 

8つ目:ジャパニーズアイス櫻花の焼き芋アイス

東京恵比寿の焼きいもとアイスのデザートでした。

 

若い女性が連日訪れる人気店です。

きなこ黒みつや抹茶、かりんとうなどの

和風のアイスが人気だそうです。

 

そんなアイス屋さんで人気の冬限定の商品は

ホクホク甘い焼き芋と

ひんやりアイスのコラボがおもしろい

焼き芋アイス540円でした。

 

11月~3月の限定ですが

その理由はもちろん焼き芋です。

使われる芋は安納芋です。

 

収穫してから3ヶ月以上寝かせて

甘味が増した焼き芋を使用しています。

そこに濃厚ミルクアイスを載せて食べます。

 

めちゃくちゃ美味しそうです。

安納芋はネットでも買えるので

自宅でやってみたいです。

 

 

気になるジャパニーズアイス櫻花の場所は

東京都渋谷区恵比寿1丁目6−6、土田ビル1F

 

営業時間

12:00~23:00 L.O.22:45(11月~2月)

11:00~23:30 L.O.23:00(3月~10月)

焼き芋アイスは3月まで

 

 

9つ目:竹の浦館の自家製へしこの陶板焼きご飯

石川県の加賀市でした。

加賀温泉駅から車で15分の所にあります。

85年前の小学校の旧校舎の食堂で食べられる

アツアツとろける陶板焼きご飯770円でした。

 

11月~4月の限定なのですが

陶板で熱々だからなのです。

 

とろろと卵を混ぜて

とろとろにした和風だしを

陶板で焼いたご飯に載せます。

 

そこにサバのぬか漬け「へしこ」を

香ばしく焼いてから載せ

さらにチーズを載せて焼きます。

 

サバをぬかに1年漬けると

旨味が増して美味しいそうです。

 

味の想像がつかないので食べてみたいです。

 

気になる竹の浦館の場所です。

石川県加賀市大聖寺瀬越町イ−19−1

 

営業時間

10:00~16:00(L.O.15:00)

定休日:水曜日

へしこの陶板焼きご飯は4月30日までです。

 

 

10つ目:御食事処いや川の三沢ほっきわっぱ丼

青森県の三沢市でした。

人がひっきりなしにやってくる人気店です。

 

12月~3月の期間限定ですが

冬ならではのホッキ貝を使った丼だったからです。

冬にしか獲れない!

ホッキ貝たっぷりのわっぱ丼1080円です。

 

冬限定の理由は

青森県三沢沖・八戸置きのホッキ貝漁は

12月~3月しか解禁されていないため

4ヶ月間しか食べることが出来ないのです。

 

旬を迎えたホッキ貝は

身が厚く歯ごたえ十分だそうです。

 

ホッキ貝のヒモでダシを採って

ゴボウやひじきを炊いて

旨味をだしてそれをご飯に混ぜます。

 

それを杉のわっぱに入れて蒸します。

いい香りがするそうです。

 

それを丁度いい茹で具合のホッキ貝を載せて

さらに3分蒸してホッキ貝の甘味を増します。

めちゃくちゃ美味しそうです。

 

さらにホッキ貝の貝殻を器にした

貝ヒモ入りの茶碗蒸しもおいしそうでした。

 

気になる御食事処いや川の場所です。

青森県三沢市岡三沢6丁目115−30

 

営業時間

11:30~14:00(L.O.13:30)

17:00~22:00(L.O.21:30)

 

定休日:第1・第3日曜日

三沢ほっきわっぱ丼は3月31日までです。

 

 

まとめ

以上で季節限定グルメ~2015冬が終わりです。

とても美味しそうでした!

 

個人的には和歌山のビーフシチューを食べに行きたいです。

行ける距離ですからね。

 

 

 

それ以外のお店も

旅行に行った際には寄ってみたいです。

 

焼き芋のアイスは

自宅でもやれなくはなさそうなので

試してみたい一品でした。

 

みなさんも行ける場所から行ってみてはいかがでしょうか?

“港蒸し”紅ズワイガニ約1.5kg(300g前後×5枚入) 訳あり ご自宅用

 

スポンサーリンク