体にいいつもりが逆効果!  やってはいけない「食べ合わせ」 (青春新書プレイブックス)

食べ合わせって気をつけていますか?

とりあえず腹に入れば混ざるから一緒だと思っていませんか?

いえいえ、食べ合わせによっては

せっかくの効能を壊してしまう食べ合わせもあって

林先生の初耳学で紹介されていたので

備忘録として書きます。

 

スポンサーリンク

紅茶には牛乳?レモン?

紅茶を飲む際はミルクを入れますか?

レモンを入れてレモンティにしますか?

ミルクティにした場合せっかくの紅茶の効能を

台無しにしてしまっています。

 

その成分とは「カテキン」です。

 

カテキンとは風邪予防や

脂肪燃焼に注目されている成分で

それを目的で茶カテキンがたくさん入った

お茶が売られていたりします。

 

しかし、ミルクを入れた場合

ミルクのタンパク質とカテキンが結びついてしまい

カテキンが本来の働きが出来なくなってしまうのです。

 

ですからカテキン目当ての場合は

レモンティかストレートで飲むのがいいのですね。

 

納豆とねぎ?卵?

納豆を食べると皮膚を健康に保つ働きがあり

それはビオチンが関係しています。

ビオチンがないと肌荒れをしたり

髪がパサパサになったりします。

 

納豆をその目的で食べたとしても

生卵を入れるとそれが台無しになってしまいます。

 

卵の卵白にはアビジンが含まれており

納豆に含まれるビオチンを妨害してしまうのです。

せっかく納豆を食べてもビオチンが

体に吸収されなくなってしまいます。

 

卵と一緒に食べたければ

卵黄だけ入れるといいそうです。

 

またネギを入れると

目の疲れを回復させたり

美肌に効果があるので

いれるといい食材だそうです。

 

スポンサーリンク

 

生の大根とにんじん?たまねぎ?

生の大根にはビタミンCが沢山含まれているために

サラダなどで食べるのは美容にとてもいいのですが

あるものと一緒に食べると

それが台無しになってしまうそうです。

 

その食材とはにんじんです!

 

にんじんにはアスコルビナーゼが

ビタミンCを壊してしまうのです。

 

ビタミンCの別名はアスコルビン酸なので

それを壊す名前が付いている酵素なので

ビタミンCが激減してしまいます。

 

もし一緒に食べたければ

お酢の入ったドレッシングと

一緒に食べるといいそうです。

 

クエン酸が守ってくれるそうです。

 

まとめ

納豆は食べないので関係ないですが

よくサラダに大根とにんじんが混ざっている物がありますが

あれってよくなかったのですね。

 

これからは酢の入ったドレッシングで

食べたいと思います。

 

紅茶はミルクティの方が好きなので

困った物ですが

体を壊すわけじゃないので

好きなように飲みたいと思います。

 

40歳から始める 「健康寿命」を延ばす食べ合わせ事典

40歳から始める 「健康寿命」を延ばす食べ合わせ事典

 

 

スポンサーリンク