ポンデライオン フィギュア ソフビ フィギュア ミスタードーナツ

1月7日の得する人損する人の

人気コーナー家事えもんでは

残ったお餅の消費レシピが紹介されました。

なんとお餅とある物を使って

揚げないミスドの人気商品の

ポンデリングを作っていました。

面白いので備忘録として紹介します。

 

ポンデリングって美味しいですよね。

モチモチの食感で

豪快にかじってもいいですし

一つ一つちぎりながら食べたりと

楽しみながら食べられます。

 

あのモチモチ食感のポンデリングが

揚げることなくお餅と

あるものを混ぜて作ることが出来るのです。

 

 

ある物とは?

パン粉でした。

国内産小麦粉100%使用 パン粉

国内産小麦粉100%使用 パン粉

 

 

お餅とパン粉を混ぜることで

モチモチのあの食感の

ポンデリングになります。

 

切り餅と木綿豆腐を使ったポンデリングレシピ

お餅がポンデリングになったら嬉しいですよね。

レシピ

スポンサーリンク

ポンデリング

牛乳・・大さじ5

パン粉・・40g

粉砂糖・・大さじ3

砂糖・・15g

お餅・・25g

水・・小さじ1

 

作り方

切り餅をある程度の大きさまで

小さく切ります。

この際テコの原理を使って切ると

女性でも簡単に切ることができます。

 

ジップロックにパン粉を入れて

その上でラップの芯をゴロゴロさせて

パン粉を細かく砕きます。

普通に麺棒でも良いと思います。

 

そこに牛乳を入れて

しっかり揉んで馴染ませます。

 

そして砂糖とお餅を入れて

3分ほど味を馴染ませるために揉みます。

フードプロセッサーを使ってもOK!

 

袋から取り出して

ボウルに移して

500Wのレンジで2分間加熱します。

 

2分後、生地を取り出してしばらく冷ましたら

上にサランラップをかけた状態で

さらにその上からタオルを押し当てて

餅を混ぜ込みます。

 

生地が完成したら

生地の半分を取り出して

8等分し小さい玉状にします。

 

小さい玉をクッキングペーパーの上に

ポンデリングのように並べます。

 

また、もう半分の生地にはココアパウダー5gを入れて

同様に8等分にして並べます。

 

その後、200℃のオーブンで8分焼きます。

 

粉砂糖と水を混ぜて

シロップを作ります。

 

焼き上がったドーナツに

先ほどのシロップをかけます。

 

ココアの方には粉砂糖をかけます。

 

これで揚げないモチモチリングドーナツの完成です。

 

坂上忍や大地真央もモッチモチといって

好きと言っていました。

橋本環奈ちゃんも絶賛してました。

 

チョコをかけたり

抹茶パウダーを入れても

変わったドーナツが作れます。

 

家事えもんはタピオカ粉の代わりに

餅を使ったと言っていました。

タピオカ粉を使った本格的なレシピも紹介します。

 

本格的なポンデリングレシピ

もっと本格的なレシピがあります。

 

レシピ

スポンサーリンク

タピオカスターチ・・40g

片栗粉・・10g

薄力粉・・50g

ベーキングパウダー4・・g

砂糖・・25g

塩・・ひとつまみ

溶かしマーガリン・・5g

溶き卵・・10g

木綿豆腐・・100g(耳たぶの柔らかさになる程度)

 

ハニーグレーズ

粉砂糖・・40g

ハチミツ・・10g

卵白・・小さじ1程度(とろみがでるまで)

 

作り方

木綿豆腐以外を混ぜます。

あとから木綿豆腐を足して耳たぶくらいの柔らかさにします。

 

ポンデリングの大きさに生地を丸めて

グシャグシャにして広げたクッキングペーパーに

ポンデリングの形に並べます。

 

170℃の油で揚げます。

冷めたらハニーグレーズを混ぜた物をかけて完成です。

タピオカスターチ 500g

タピオカスターチ 500g

 

GABANのタピオカスターチを使うことがコツなようです。

 

 

まとめ

お餅とパン粉で作れるなら

かなり簡単に作れますね。

今回はパン粉が大活躍しています。

 

油で揚げていないのでヘルシーで

それはかなりありがたいですね。

 

また、タピオカスターチを使った

本格的なポンデリングレシピも

材料は細かいですが

試してみる価値はあると思います。

 

 

すごい家事 - 人生の「掃除の時間」をグッと縮める -

すごい家事 – 人生の「掃除の時間」をグッと縮める –

 

 

スポンサーリンク