ケーキこの人、この店の定番―それぞれのレシピ、それぞれの表現

2月2日のマツコの知らない世界では

埼玉スイーツの世界を

平岩理緒さんが紹介してくれました。

中でも埼玉スイーツの四天王と言ってもいい

お店をピックアップしてくれたので

場所などを備忘録として紹介します。

目次

パティスリー・アカシエ

埼玉県さいたま市浦和区仲町4丁目1-12 1F

フランスの伝統菓子をアレンジしたスイーツが大人気で

東北や北海道から足を運ぶお客も多い人気店です。

スポンサーリンク

デリス・マカダミア 540円

f:id:kinyanpu:20160203011719j:plain

フランス菓子では通常使わない

マカダミアナッツとバタークリームの

相性が抜群のケーキです。

エクスキ12㎝ 2160円

f:id:kinyanpu:20160203011811j:plain

底に砕いたクッキー生地とカモミールの

シロップを染み込ませたスポンジ生地で

カモミールの香りのレアチーズと

ベイクドチーズケーキが層になっています。

菓子工房 オークウッド

埼玉県春日部市八丁目966−51

2004年にオープンしたお店で

オーナーシェフの横田さんが

季節に合わせて装飾を行っています。

宇治 420円

f:id:kinyanpu:20160203012000j:plain

デザインが特徴的なケーキです。

高級抹茶を贅沢に使っており

繊細でバランスがとてもいいそうです。

シェフが宇治金時を食べたときに思いついたそうで

練乳が入ったムースがサンドされています。

紅茶のシフォンケーキ 1300円

f:id:kinyanpu:20160203012044j:plain

ふわふわの食感のシフォンケーキで

アールグレイをベースにブレンド茶葉を使っている

本当に美味しそうなケーキです。

シャンドワゾー

埼玉県川口市幸町1丁目1−26

チョコレートにこだわっているお店で

1店目のアカシエで右腕として働いていた

凄腕のパティシエです。

ベルギー仕込みのチョコレートで

こだわりのボンボンショコラがお勧めです。

シェフのおすすめのボンボンショコラ

f:id:kinyanpu:20160203012135j:plain

ヴィオレ

キャラメル

ロワイヤル

サバランオランジュ

パッション

フランボワーズ

ライムジンジャー

サバラン オ ロム

スリーズ

スポンサーリンク

ミゼラブル 450円

f:id:kinyanpu:20160203012232j:plain

ベルギーの伝統菓子を村山シェフ流にアレンジ

牛乳の代わりに水を使う伝統的製法で作られたバタークリームを使用しています。

このお菓子は温度が上がると

どんどん美味しくなるのです。

フランス産のイズニーという

アイスクリームのようにとろける発酵バターを使用しています。

パティスリーアプラノス

埼玉県さいたま市南区沼影1丁目1−20

朝田シェフはパティシエ界最高峰のコンクール

「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で

2001年に準優勝を果たしているのです。

ポム 486円

f:id:kinyanpu:20160203012349j:plain

ソテーしたりんごをアーモンドクリームと一緒に

パートフィロという薄いパイ生地で包み焼き上げたお菓子です。

福島の佐藤りんご園のりんごを使用した焼き菓子で

サクサクの食感のパイ生地がたまらない一品なのですが

作るのに手間がかかるために1日50個限定の商品だそうです。

表面をパートフィロという薄いパイ生地で何層にも

包むことがポイントとなっています。

【冷凍】パートフィロ 500g

【冷凍】パートフィロ 500g

美園いちごのタルト 16cm 3780円

f:id:kinyanpu:20160203012637j:plain

しっかりと焼き上げたタルト生地に

カスタードクリームと旬のいちごを

たっぷりとのせた季節のタルトです。

朝摘みいちごを使っているので

フレッシュで美味しいらしいです。

オリジナルのレイベリーという品種だそうです。

クリームブリュレ フレーズ 388円

f:id:kinyanpu:20160203012718j:plain

注文を受けてからキャラメリゼにするために

できたての美味しさを楽しめるのが特徴です。

レイベリーのいちごのソースも美味しそうです。

まとめ

めちゃくちゃケーキを食べたくなってきました。

神戸もケーキなら負けていないと思いますが

こうやってテレビで紹介されると

めちゃくちゃ美味しそうに思えますね。

埼玉の人がうらやましいです。

とりあえず、いちごのタルトは絶対美味しいと思います。

プロのための製菓技法 クリーム―クリームの扱い・製法、それぞれの方法

プロのための製菓技法 クリーム―クリームの扱い・製法、それぞれの方法

  • 作者: 興野燈,日高宣博,菅又亮輔,藤巻正夫,誠文堂新光社
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2012/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

スポンサーリンク