Dyson 360 Eye RB01NB

2月23日のマツコの知らない世界では

最新のロボット掃除機が紹介されました。

ロボット掃除機って

あんまり賢くないイメージだったのですが

そのイメージが完全に覆されました。

備忘録として紹介します。

目次

マキタ ロボットクリーナー RC200DZ

マキタ ロボットクリーナー(本体のみ) RC200DZ

マキタ ロボットクリーナー(本体のみ) RC200DZ

めっちゃ大きいですが

工業用の超強力で段ボールの切れ端なんかも

余裕で吸い込むパワーがあります。

うちの工場に欲しいです。

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03

こちらは売れ筋の商品です。

小さくて1万円前後なので

手軽に買えるのが人気の秘密です。

一人暮らしなんかで使うのに

よさそうですよね。

iRobot Braaua 380j

ルンバと同じメーカーの

雑巾がけロボットです。

水ぶきもできてフローリングも

ピカピカにしてくれて

かなり静かなのが特徴です。

iRobot Roomba 980

一番最新のルンバです。

カメラがついているのが特徴です。

ラグの段差にも対応しており

ちゃんと登ってくれるようになっています。

このカメラは空間把握のセンサーの役割をしており

部屋の位置を正しく見極めることができて

効率よくお掃除をすることができるようになっています。

今までのものよりもかなり掃除の効率が上がっており

最大112畳までお掃除することができます。

そんな広い部屋ないですけどね。

スポンサーリンク

そして、バーチャルウォールという

付属の機械を置けば

そっちに行かないでくれっていうところに

行かないようにできるのです。

Dyson 360 Eye

Dyson 360 Eye RB01NB

Dyson 360 Eye RB01NB

掃除機と言えばダイソンですよね。

ダイソンのサイクロン式掃除機を搭載した

お掃除ロボットです。

しかも、他のロボット掃除機と違って

車幅と同じ大きさの吸い込み口があって

普通の掃除機のパワーヘッドが搭載されているのです。

さらに、幅が23㎝しかないので

ダイニングのテーブルやいすの脚の間も

なんなく入って掃除することができます。

また、面白い機能として

外出先から遠隔操作することができたり

お掃除記録として

どこを掃除したのかという

自分の部屋のマップを見ることができるのです。

これができるのは今のところダイソンだけです。

Panasonic RULO MC-RS200

ロボット掃除機 ルーロ MC-RS1-W パナソニック

ロボット掃除機 ルーロ MC-RS1-W パナソニック

リンク先の物は旧製品ですので注意してください。

新型は4月に発売される商品です。

こちらの特徴は三角形のおにぎり型で

すみっこの掃除を得意としています。

そして、何よりも静かなことが売りで

日本の住宅事情を分かっている製品です。

SHARP COCOROBO RX-V95A

こちらのロボット掃除機は

しゃべってくれるのです。

ゴミ発見やパワーアップなどしゃべります。

ただ喋るだけじゃなくて

会話もすることができるのです。

「ただいま」っていうと

「おかえり、大変だったね」って

答えてくれるのです。

スポンサーリンク

SDカードを入れると声が変わって

先ほどのただいまっていう反応を

変えることができるのです。

声を録音することができるので

使いようによっては面白いことができますね。

プラズマクラスターがついているので

カビなどにも効果があるのが

いいところですね。

隅のごみは一度風で飛ばしてから

吸い取るのですみっこも強い機械ですよ。

まとめ

ロボット掃除機って

2016年はかなり進化しているのですね。

しかし、問題は畳の部屋で

床に物を置いていたら

すべて吸い取られてしまうのではないかと

思うことですね。

もっと進化して床に置いている

漫画とかを綺麗に棚に戻してくれる

お掃除ロボットが出てきてくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク