国産 はくさい 白菜 1箱12kg

2月24日のためしてガッテンでは

使えるスゴ技として

白菜をお湯で洗う方法が特集されました。

なんと味が濃くなって

ビタミンもアップするのです。

ぜひ、試してみたいので

備忘録として紹介します。

 

白菜を50℃で2分つける!

以前、レタスを50℃のお湯で

2分間つけてあげると

シャキシャキになるという技が紹介されました。

今回はなんと白菜で行うのです。

 

やり方

スポンサーリンク

50℃のお湯を作るのですが

沸騰したお湯と水を1:1で合わせてあげると

大体50℃くらいになります。

 

正確に測るならタニタの

温度計がおすすめですよ。

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

 

 

そのお湯に2分間つけてあげます。

 

そして緑菜にするためには

一晩そのまま放置するのです。

 

これで黄色っぽかった白菜が

一番外葉に近いような

緑色になるのです。

 

緑菜の効果は?

①食感がシャキシャキになる。

 

②ビタミンKがアップ!

 

③味が濃くなる

 

これら3つの効果があります。

 

スポンサーリンク

食感がシャキシャキになって

白菜の芯と葉っぱの間のような

食感となるのです。

 

さらに、緑色になるので

葉緑素が増えるために

ビタミンKもアップするのです。

 

ビタミンKは骨粗鬆症に効くので

女性にはうれしいですよね。

 

白菜との違いは?

緑菜にしてしまうと

甘みが下がって若干苦くなります。

緑色に成長するので

糖分が使われてしまうからです。

 

白菜のままシャキシャキにしたい場合は

2分間お湯につけたら

新聞紙に包んで

冷蔵庫で保存するのがベストです。

 

まとめ

50℃のお湯につけた白菜は

中心部を土に植えておくと

1か月で1mくらいに成長して

菜の花みたいな花を咲かせていました。

 

まさかお湯につけておくだけで

白菜がこんなに変わるとは思いませんでした。

 

ちなみに長持ちさせるだけならば

芯の部分にしたから

爪楊枝を刺してあげると

長持ちするので是非お試しください。

 

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

 

 

スポンサーリンク