からだの中から若返るグリーンスムージー健康法

2月28日の林先生の初耳学は

ダイエットや美容に効果的な

グリーンスムージーの話題が出ます。

しかし、このスムージーは

飲む時間を間違えると

逆に老けてしまう原因にもなってしまうのです。

知ってたので備忘録として紹介します。

 

朝にレモンやオレンジを取ると日焼けが促進する!?

ビタミンが多くて朝から摂った方がよさそうな

レモンやオレンジなのですが

これらの柑橘系には「ソラレン」という物質が含まれています。

 

このソラレンという物質は

光毒性物質と呼ばれており

ソラレンを摂取してから紫外線を浴びると

メラニンと呼ばれるシミやそばかすの原因物質を

作りやすくなってしまうのです。

 

このソラレンは摂取後2時間で体中にいきわたって

その効果が7時間も持続するのです。

朝食にグリーンスムージーでソラレンを摂取してしまうと

一番紫外線が強い12時から14時まで

ソラレンの効果が続いてメラニンを作りやすい状態を

維持してしまうのです。

 

ソラレンを含む食材

スポンサーリンク

フルーツではレモン、オレンジ、グレープフルーツ

キウイ、ライム、イチジクなど

 

野菜ではセロリ、きゅうり、パセリ、にんじん

野沢菜、みつば、クミン、パクチー、しそなど

 

これらの食品に多く含まれていると言われています。

 

ソラレンが少ない食材

もちろん、少ない食材もあります。

トマトや大根、かぼちゃなどが当たります。

しかし、大根の皮にはソラレンが含まれているために

皮を剥くことをおすすめします。

 

グリーンスムージーは噛まないことも問題!

ソラレン以外にもグリーンスムージーを

朝に飲まないほうがいい理由があります。

グリーンスムージーはミキサーでドロドロにしているので

噛む必要がないことが問題なのです。

 

若返りホルモン「パロチン」

噛むことで「パロチン」と呼ばれる

若返りホルモンが分泌されるのですが

スムージーですと噛まないので

この若返りホルモンが分泌されないのです。

 

スポンサーリンク

しかもこのパロチンは朝によく分泌されるので

せっかく朝のパロチンが分泌されやすい時間に

流動食のようなスムージーを飲んでしまうことは

アンチエイジングに反している行動なのです。

 

また、朝からスムージーで体を冷やしてしまうことも

美容の観点でよくないのです。

 

りんごとチンゲン菜とクレソンと生姜のスムージー

ー追記ー

パロチンには触れていませんでしたが

ソラテンと冷えが良くないのは当たっていましたね。

朝飲むと良いリンゴと生姜のスムージーのレシピは

こちらの記事にまとめましたので

よろしければご覧ください。

kinyanpu.hatenablog.com

ー追記おわりー

 

まとめ

色々なサイトを見ていても

ダイエットの為に朝から

グリーンスムージーを飲むのがいい!

って書いているサイトが沢山ありますが

実は体重は減っても

美白やアンチエイジングのためには

逆効果なことをしていたのですね。

 

それでもどうしてもスムージーがいい人は

ソラレンを含まない食材で

冷やさずに温かいスープにして

食感のいいキヌアなどを入れて

よく噛むようにするのがいいと思います。

 

ぜひ、美白のためにも気を付けてください。

 

Natural Healthy Standard ミネラル酵素グリーンスムージー マンゴー味 200g

 

 

スポンサーリンク