アップルパイン・みほのカラダいきいき! におわないぬか漬けレシピ (SPACE SHOWER BOOKs)

3月10日の得する人損する人では

新しい得損ヒーローズとして

アップルパインの大湯みほさんが

つけみちゃんとして登場しました。

その中でたった20分で出来る

とにかく美味しいぬか床の作り方を

教えてくれたので

備忘録として紹介します。

 

つけみちゃんの20分で出来るぬか床の作り方

漬物美味しいですよね。

しかし、家庭で作るとなると

ぬか床を作るのが難しいですよね。

しかし、つけみちゃんのぬか床は

たった20分でとにかくおいしいぬか床ができます。

 

ぬか床を作る材料

スポンサーリンク

米ぬか(いりぬか)・・500g

昆布・・10cm×2

塩・・大さじ3

鷹の爪・・3かけ

水・・700ml

にんにく・・ひとかけ

野菜の切れ端・・適量

ビール・・200ml

 

作り方

①沸騰したお湯に塩を入れて塩水を作ります。 

 

②食塩水ができたらぬかに少しずつ入れて

空気が入るように下から上に

まんべんなくかき混ぜます。

 

③5分程かき混ぜたら

ぬかと食塩水が馴染んだところでビール200mlを加えます。

 

④よく混ざったら、昆布と鷹の爪とにんにくを加えます。

 

⑤そして仕上げに野菜の切れ端を漬けます。

 

捨て漬け

スポンサーリンク

野菜の切れ端をつけることを捨て漬けと言い

乳酸菌を育てるのに大切なのです。

しかし、2~3日で栄養素はなくなるので

取り出して新しい野菜の切れ端を入れてください。

これを10日間ほどやってぬか床の完成です。

 

20分と言いながら10日かかるやんけ!

という突っ込みはしたらだめですかね。

 

本田朋子のぬか床のダメな点

本田さんもぬか漬けを作っていたのですが

つけみちゃんにダメ出しされていました。

 

漬物マイスターのつけみちゃんは

ぬか床の保存方法を指摘しており

冷蔵庫にずっと入れておくのではなく

15~25℃くらいでないと

せっかくの乳酸菌が死んでしまうそうです。

 

これからの暑くなる夏は

昼は冷蔵庫、夜は冷房の効いた

部屋に置くのが最適だそうです。

 

まとめ

きゅうりの浅漬けとかめっちゃ美味しいですよね。

最近は自前でぬか漬けをする人も多く

芸能人でもやっている人が多いです。

うちも実家ではおばあちゃんが漬けており

市販品にはない味でたまに食べたくなります。

ぜひ、家でもやってみようかな。

 

つけみちゃんは本も出していますよ。

アップルパイン・みほのカラダいきいき! におわないぬか漬けレシピ (SPACE SHOWER BOOKs)

アップルパイン・みほのカラダいきいき! におわないぬか漬けレシピ (SPACE SHOWER BOOKs)

  • 作者: アップルパインみほ
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク