おかず・小どんぶりの素 深川 80g 10個セット

3月15日のノンストップでは

笠原将弘のおかず道場で

あさりの深川丼の作り方を

教えてくれました。

旬のあさりがたっぷりで

とても美味しそうだったので

備忘録として紹介します。

 

あさりの深川丼の作り方

あさりを2度加熱することで

ふっくらと仕上げる

プロの技も使われている

覚えておいて損のないレシピでした。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

<あさりの深川丼>

あさり(砂抜きしたもの)・・400g

水・・500g

酒・・100cc

昆布・・5g

ゴボウ(ささがき)・・80g

長ネギ(斜め切り)・・1本

みそ・・大さじ3

しょう油・・大さじ1

砂糖・・大さじ1と1/2

卵・・4個

三つ葉・・適量

海苔・・適量

山椒・・適量

 

<叩ききゅうり>

きゅうり・・2本

ごま油・・大さじ2

塩こぶ・・15g

一味唐辛子・・適量

白いりゴマ・・大さじ1

 

作り方

①フライパンに酒と水と昆布を入れて

砂抜きをしたあさりもそこに入れます。

 

②火にかけてアサリの口が開くまで加熱し

口が開いたら取り出して

身と殻を取り分けておきます。

また、煮汁をザルで漉してとっておきます。

 

③同じフライパンにアサリの煮汁を戻して

その中にささがきにしたゴボウと

斜め切りの長ネギを加えて

4~5分煮込みます。

 

④味噌を少量の煮汁で溶いてから

フライパンの中に入れます。

 

⑤さらに、しょう油と砂糖も加えて

あさりをそこに戻します。

 

スポンサーリンク

⑥あさりを煮汁で1~2分煮ることで

さらにふっくらとさせることができます。

 

⑦溶き卵を中央から外側に円を描くように入れて

半熟になるまで加熱します。

 

⑧火を止めて三つ葉を散らします。

 

⑨刻みのりと山椒を振ったら完成です。

 

 

<叩きキュウリの作り方>

①塩で板すりしたきゅうりの

両端を落として

包丁の背で叩き

一口大に切り分けます。

 

②ボウルにごま油と塩昆布と

一味唐辛子、白いりゴマを入れて

和えれば完成です。

 

まとめ

あさりの出汁が効いてめちゃくちゃ美味しそうでした。

しかも、あさりを2回に分けて加熱することで

ふっくらと仕上がって

そちらの食感も美味しそうでした。

旬のあさりを使って

美味しく深川丼を作ってみたいと思います。

 

15分レシピ 深川めし風簡単あさり丼

15分レシピ 深川めし風簡単あさり丼

 

 

スポンサーリンク