親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!

3月26日のジョブチューンでは

ベストセラーを書いた名医が集結し

長谷川嘉哉先生が

認知症を予防する簡単な方法を

教えてくれました。

ぜひ、実践したいので

備忘録として紹介します。

 

親指を動かして認知症予防

親指を動かすことで

脳への血流が1.5倍になり

認知症の予防になります。

 

親指体操その1のやり方

スポンサーリンク

基本姿勢として椅子に座って両脇を締め

両腕を前に出してください。

 

①親指を立てて息を吐きながら

第一関節まで曲げます。

 

②息を吸いながら親指を伸ばします。

 

③これを10回繰り返します。

 

これを1日2セットします。

これだけで血流がアップして認知症予防になります。

 

親指体操その2のやり方

基本姿勢として椅子に座り

両手をパーに開きます。

誰かに掛け声をかけてもらうといいです。

 

①右の親指のみを出して両手を握ります。

左の親指は4本の指で握ります。

 

②両手をパーにします。

 

③左の親指のみをだして両手を握ります。

 

④両手をパーにします。

 

これを「1、2」と合図してもらって

グッパ―を繰り返してください。

 

5回を1セットとして

1日4回すると効果的です。

 

ちょっと難しいですが

脳に負担がかかって

先ほどの体操よりも効果があります。

 

認知症を判別する方法

スポンサーリンク

銀行でお金をおろすときに

ATMではなくて

銀行の窓口で下している人は

認知症の可能性があるそうです。

 

人任せで機械の操作を覚えようとせずに

暗証番号を管理しないといけない

ATMを使うことができれば

認知症の可能性は低いです。

 

また、電話をして

出かけたとか事細かに

話してくれると

認知症の可能性は低いです。

 

覚えていないといって

取り繕う感じになると

認知症を発症している可能性が

高いので要注意です。

 

認知症を予防する食材

認知症を予防するには

卵がおすすめです。

 

黄身に含まれるコリンという成分が

脳の神経細胞を活性化してくれて

認知症予防に効きます。

 

生でも焼いてもいいので

1日に1個程度食べるのがおすすめです。

 

また、カレーもおすすめです。

ウコンに含まれているクルクミンが

アルツハイマー病の原因物質の

アミロイドβを減らしてくれます。

 

インド人は認知症が少ないそうですよ。

 

まとめ

認知症って関係ないと思っていても

昔、ひいばあちゃんが入院したときに

認知症になって驚きました。

年をとっても脳みそだけは

しっかりしておきたいと思っているので

日ごろから気を付けたいと思います。

カレーは好きなのでいいですね。

 

DHC 濃縮ウコン 60日分 120粒

DHC 濃縮ウコン 60日分 120粒

 

 

スポンサーリンク