川口水産 きざみ うなぎ の蒲焼き10食セット 国産 国内産

3月30日のミヤネ屋では

ちょっとひと手間を加えるだけで

本格的な絶品のイワシのかば焼き丼の

作り方を教えてくれました。

濃厚なタレがとても美味しそうだったので

備忘録として紹介します。

 

イワシのかば焼き丼のレシピ

下処理などをひと手間加えることで

とても美味しそうなかば焼きになっていました。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

イワシ・・8尾

ご飯・・4膳分

大葉(千切り)・・4枚

粉山椒・・少々

薄力粉・・適量

サラダ油・・適量

 

<蒲焼きのタレ>

砂糖・・大さじ4

酒・・大さじ4

みりん・・大さじ8

薄口しょうゆ・・大さじ10

生姜のしぼり汁・・20g

 

作り方

<イワシの下準備>

①イワシの頭を取って

腹を切り内臓を取り出します。

包丁の先で鱗を取り除きます。

 

②ボウルに氷水を作りそこに塩を入れ

その氷塩水でイワシのお腹を洗います。

 

氷塩水を使うことで

イワシの身がぼろぼろにならずに

さらに塩分で身も締まります。

 

③手開きでイワシを開いて

骨を取り除きます。

 

④イワシに塩を振って

冷蔵庫で10分寝かせることで臭みを取ります。

 

⑤蒲焼きのタレを混ぜ合わせておきます。

 

スポンサーリンク

<蒲焼きの作り方>

⑥イワシの水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

この水分は臭みの元なのできっちりしましょう。

 

⑦薄力粉をイワシの両面に付けます。

イワシの身が崩れるので

手で押さえたりしてはいけません。

 

⑧余分な粉をはたいて

包丁の背で細かく叩き

薄力粉をなじませます。

 

⑨フライパンにサラダ油を多めに入れて

身の方からイワシを中火で焼きます。

 

⑩両面に焼き目が付いたらいったん取り出します。

 

⑪フライパンの余分な油をとって

蒲焼きのタレを煮詰めます。

 

⑫とろみが出てきたらイワシを戻して

タレをよく絡めます。

 

⑬ご飯の上にイワシを乗せてタレをかけます。

 

⑭千切りの大葉と粉山椒を掛ければ完成です。

 

まとめ

イワシの身を優しく扱ってあげることで

ふっくらと美味しいかば焼きになりますね。

また、塩で臭みを抜いておくことも

かなり重要ポイントなので

ぜひ、参考にして作ってみたいです。

 

一人暮らしcooking いわしの蒲焼き丼

一人暮らしcooking いわしの蒲焼き丼

 

 

スポンサーリンク