マルハ CASAdeBAL ツナのカポナータ 65g×3個

4月13日のあさイチの解決ゴハンでは

フードスタイリストのマロンさんが

マロン流カポナータの作り方を

教えてくれました。

イタリアンと白米を両立させる

美味しそうなレシピでしたので

備忘録として紹介します。

 

マロン流カポナータのレシピ

マロンさんはナス、ズッキーニ、トマトを

煮込んだカポナータに

いかの塩辛を使うことで

アクセントにしていました。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

オリーブオイル・・大さじ5

にんにく(みじん切り)・・1かけ分

いかの塩辛・・大さじ2

 

たまねぎ(1.5cm角に切る)・・1/2個分

にんじん(1.5cm角に切る)・・1/2本分

セロリ(筋を取って1.5cm角に切る)・・1/2本分

 

パプリカ赤・黄(種とヘタを取って2cm角に切る)・・角1個分

 

なす(縦に4等分・2cm幅に切る)・・(小)3本

ズッキーニ・・(縦に4等分・2cm幅に切る)・・1本分

塩・黒コショウ・・各適量

 

トマトの水煮(缶詰・ホールタイプ)・・1缶(400g)

 

トマトケチャップ・・大さじ1

米酢・・大さじ1

青じそ・・8枚

 

作り方

①フライパンにオリーブオイルを入れ

にんにくといかの塩辛を強火で炒めて香りを出す。

 

②香りが立ったら、たまねぎ、にんじん

セロリを加えて強火で焦がさないように

3分程炒めます。

 

③パプリカを加えて強火で2分炒めます。

 

④水にさらした後、水気を拭いたナスと

ズッキーニも加えて2分ほど炒めて

軽く塩と黒コショウで味を付けます。

 

⑤つぶしたトマトの水煮を加えて

混ぜながら強火で3~5分ほど煮詰めます。

全体につやが出てきたら

トマトケチャップと米酢を加えます。

 

⑥青じそをちぎりながら加えて炒め合わせます。

 

⑦最後に塩と黒コショウで味を調えれば完成です。

 

カポナータ丼

カポナータをどんぶりにしてしまいます。

 

材料(1人分)

マロン流カポナータ・・適量

溶き卵・・1個分

しょう油・・適量

ごはん・・茶碗1膳分

 

青じそ・・適量

黒コショウ(粗びき)・・適量

 

作り方

①茶碗にごはんを盛って

しょう油と溶き卵をかけて

カポナータをのせます。

 

②青じそをちぎって散らし

黒コショウを振れば完成です。

 

カポナータのブルスケッタ

フランスパンと合わせるのも

美味しくいただけますよ。

 

材料(作りやすい分量)

スポンサーリンク

フランスパン(1.5cm斜め切り)・・適量

にんにく・・適量

オリーブオイル・・適量

マロン流カポナータ・・適量

イタリアンパセリ・・適量

 

作り方

①フライパンにフランスパンを並べて

火にかけ両面をよく焼きます。

 

②にんにくを切り口につけます。

フランスパンが熱いうちに片面にすりこんで

香りが出るようにします。

 

③オリーブオイルをかけて

カポナータを乗せ

イタリアンパセリを飾れば完成です。

 

まとめ

イカの塩辛は結構意外でしたが

確かに旨みの塊なので

ちょうどいい味になってくれるのでしょうね。

イタリアンなのにどんぶりにも出来て

美味しそうなので作ってみたいと思います。

 

イタリアンの定番!野菜たっぷりカポナータ

イタリアンの定番!野菜たっぷりカポナータ

 

 

スポンサーリンク