アラジン グリル&トースター CAT-G13A(G)

4月13日のガッテンでは

ためしてガッテンから

リニューアルしてガッテンとなり

今回は春のトースト祭りが放送され

美味しいトーストを焼く方法が

紹介されました。

備忘録として紹介します。

 

トースターを美味しく焼く高級トースター

食パンを美味しく焼くためには

最近は高級トースターがあります。

 

なぜ高級トースターが美味しく

外カリ中ふわで焼けるのかというと

一気に加熱することができるからです。

 

スポンサーリンク

縦型のトースターありますよね。

あれって実はトーストを焼くのに

最適な形をしているのです。

山善(YAMAZEN) ポップアップトースター PT-850(SB) シルバーブラック

山善(YAMAZEN) ポップアップトースター PT-850(SB) シルバーブラック

 

 

この形のトースターは

熱源とパンが近いので

一気に過熱することができるのです。

これで中の水分が逃げる前に

外をカリッと焼くことができるのです。

 

しかし、難点はトースト以外焼くことができません。

ピザトーストも無理ですしね。

高級トースターの「アラジン」は

グラファイトという

熱伝導率がいい素材を使っているので

いろいろなものが焼ける形なのに

一気に加熱できるので

外がカリッと中がふわっと仕上がるのです。

 

また、バルミューダスチームは

加湿しながら焼くトースターなので

水分が抜けずに

美味しくもちっと焼くことができます。

 

ガッテン流美味しいトーストの焼き方

この高級トースターに負けない美味しいトーストを

普通のオーブントースターで焼く方法を

教えてくれました。

トースト内の水分を保持できるて

外がサクッと中がもちっとなっていました。

 

スポンサーリンク

作り方

①まずは食パンの耳を落とします。

 

②トースターに耳を落とした食パンと耳を置き

1分半の設定で焼きます。

 

これで完成です。

 

耳が熱伝導率が悪いので

あえて耳を落とすことで

素早く焼くことができます。

 

マリリンモンローのトーストの作り方

マリリンモンローが1954年に

新婚旅行で日本の帝国ホテルに泊まりました。

その際にいつも食べている焼き方で

トーストを出してほしいといったそうです。

 

その焼き方はモンロートーストとして

今も残っています。

 

作り方

①食パンを薄く切ります。

 

②低温でじっくりと熱を加えて水分を飛ばし

カチカチにします。

 

③グリルやオーブントースターで

両面をこんがりと色づくまで焼けば完成です。

 

モンロートーストは子羊のローストと一緒に

頂くそうです。

 

歯触りとパンの香りがとても美味しいそうです。

 

まとめ

最近はピザトーストかバターとジャムを塗っているので

あまりサクサク感を感じる食パンを食べていませんが

ガッテン流で焼いてみようと思います。

また、我が家は1本買いで食パンを買っているので

様々な焼き方を挑戦したいです。

お金に余裕があれば高級トースターを買ってみたいですね。

 

スポンサーリンク