お肉屋さんの絶品 肩ロース 味噌漬け 10枚 セット 【 国産 豚肉 ロース ★】1枚1枚真空パック

4月19日のノンストップでは

笠原将弘のおかず道場にて

豚ロースの照り焼きの作り方を

教えてくれました。

焼き方にもコツがありためになったので

備忘録として紹介します。

 

豚ロースの照り焼きのレシピ

火をつける前のフライパンで

じわじわと火を通すことで

豚肉が固くならずにジューシーに仕上がります。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

豚ロース・・4枚

新キャベツ・・1/2個

ごま油・・大さじ2

塩・黒コショウ・・少々

新ごぼう・・80g

万能ねぎ・・3本

サラダ油・・大さじ1

 

【A】

しょう油・・大さじ2

酒・・大さじ2

みりん・・大さじ2

水・・大さじ2

砂糖・・小さじ2

粉山椒・・ひとつまみ

 

作り方

①豚肉の下処理です。

脂身と赤身の間に1~2cm幅で

包丁の先で切れ目を入れて

筋切りをしておきます。

これで肉が縮みにくくなります。

 

②春キャベツをごま油を浮かべたお湯で湯通しします。

キャベツをざく切りにして

鍋にお湯を沸かし

ごま油と塩を少々入れてサッと茹でます。

茹であがったらザルにあげて

黒コショウを振っておきます。

 

③ゴボウは皮をむいてすりおろします。

すりおろしたら【A】の合わせ調味料と

混ぜ合わせておきます。

 

④火をつける前のフライパンにサラダ油をひいて

豚肉を並べてから火をつけてじっくり焼きます。

焼き色がついたらひっくり返して

両面じっくりと焼いていきます。

 

スポンサーリンク

⑤お肉に火が通ったら③のタレを入れて

煮絡めるように火を通します。

 

⑥②のキャベツをお皿に盛って

焼いた豚肉を一口大に切り盛ります。

最後に小口切りにした万能ねぎを散らせば完成です。

 

まとめ

豚肉は温めたフライパンで焼くよりも

冷たいフライパンで焼き始める方が

お肉が縮まらずに美味しくなると

先週のソレダメでも言っていたので

一般的な情報なのかもしれませんが

ぜひ、筋切りもして作ってみたいと思います。

 

 

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

 

 

スポンサーリンク