腎臓病の人のための早わかり食品成分表―知りたいことがすぐわかり、食事療法にすぐに役立つ (主婦の友ベストBOOKS)

4月23日の世界一受けたい授業では

CKD(慢性腎臓病)が取り上げられました。

横尾隆先生がCKDに関する知識と

腎臓に悪い食生活や

腎臓にいい食事を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

CKD(慢性腎臓病)は8人に1人がなっている

最近は腎臓の機能が低下している人が多くなってきています。

腎臓は血液の中の老廃物を除去し綺麗にし

血液の酸性化を防いでアルカリ性にしてくれ

他の余分なものを尿として排出してくれる大切な器官です。

 

腎臓が悪くなってしまうと

血管がボロボロになってしまい

心筋梗塞や脳卒中のリスクが3倍にも跳ね上がります。

また、免疫力も弱ってガンや肺炎にもなりやすくなります。

 

詰まり腎臓は体の司令塔で

健康のバロメーターなのです。

 

そんな腎臓が40%以上ダメージを負っていることを

CKD(慢性腎臓病)と呼ぶのです。

CKDは「Chronic Kidney Disease」の略です。

一度なってしまうと回復することがありません。

 

スポンサーリンク

そんなCKDは1330万人と言われており

国民の8人に1人がなっている計算です。

新たな国民病ともいわれています。

CKDになってしまうと週3回4時間の

人工透析を受けなければいけなくなります。

 

大人の病気だと思われていますが

実は子供のころからの生活習慣が大切だったのです。

 

CKDを発症したらどうなるのか?

CKDに関連する病気は

がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患

腎不全、大動脈瘤および乖離、慢性閉塞性肺疾患

と日本人の死因トップ10のほとんどにかかわってきます。

 

腎臓は毎日150リットルの血液をろ過しており

老廃物を取り除けなくなり

全身に悪い血液がめぐってしまいます。

 

しかし、初期症状はほとんど感じられないのです。

気が付いたら突然死ということもあり得ます。

 

CKDを見分けるには「尿」

CKDになると尿にタンパク質が出るので

泡立ちがなかなか消えないのです。

10~20秒泡が消えない場合は

CKDを疑ったほうがいいです。

 

また、足のむくみもCKDを見分ける一因であり

寝起きでも足のむくみが酷いです。

10秒程度足を押してなかなか戻らない場合も

CKDを疑ったほうがいいです。

 

腎臓に最も負担をかける食事

腎臓に最も負担をかける食事は

「塩分」です。

 

厚生労働省が推奨している1日の塩分摂取量は

男性8g、女性7gなのです。

 

しかし、日本人は平均12.3gも塩分を摂取しています。

 

腎臓にいい塩分を減らした料理

上手く塩分を減らした食事を教えてくれました。

 

スポンサーリンク

海老のビスクスープ

ダシを使って塩を減らしています。

尿を綺麗にするカロテノイドを含むエビを使うことがポイントです。

エビの殻や頭などからダシを取ると

塩を減らしても濃厚でコクのある味になります。

 

ナスの炒め物

カレー粉を使って塩を減らします。

ナスには腎臓の老化を遅らせてくれる

アントシアニンが豊富に含まれています。

カレー粉を使うことでしっかりと味を感じられます。

 

玄米おにぎり

塩水にして塩を減らします。

ポイントは舌にあります。

味は舌全体で感じたほうが味が濃く感じるため

塩の粒ではなくて塩水にして舌全体で塩分を感じさせてあげるのです。

塩水の割合は水100mlに対して塩10gです。

 

玉ねぎサラダ

辛みと酸味で塩を減らします。

 

ドレッシングのレシピ

ポン酢・・大さじ1

唐辛子・・適量

おろしにんにく・・小さじ1/2

ごま油・・小さじ1

 

香ばしくピリ辛にすることで

しっかりと味を感じることができます。

 

まとめ

CKD本当に怖いですよね。

塩味はそんなに気を付けていなかったので

たぶん、1日12gは余裕で摂っていると思います。

塩分を減らす練習をしていかなければいけないですね。

 

塩分一日6gの健康献立―減塩するならこの一冊

塩分一日6gの健康献立―減塩するならこの一冊

 

 

スポンサーリンク