味の素 Cook Do きょうの大皿 ガリバタ鶏用 85g×4個

4月29日のミヤネ屋では愛のスパルタ料理塾で

林裕人シェフが

鶏肉と野菜のガーリック炒めの

作り方を教えてくれました。

下処理が細やかに行われており

とても美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

鶏肉と野菜のガーリック炒めのレシピ

鶏もも肉の臭みを取るために

塩でもみ込むなどとても手が込んでいました。

最近CMでみたガリバタチキンが美味しそうで

ぜひ作ってみたい料理です。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

鶏モモ肉・・1枚

ニンニク・・1~2片

玉ネギ・・1/2個

ピーマン・・1個

キャベツ・・100g

エリンギ・・1本

 

無塩バター・・20g

薄力粉・・適量

サラダ油・・適量

塩・・適量

 

【鶏の下味】

酒 大さじ1

塩、白コショウ・・各少々

 

【合わせ調味料】

濃口しょうゆ・・大さじ2

みりん・・大さじ2

酒・・大さじ1

砂糖・・小さじ1

水溶き片栗粉・・大さじ1

 

作り方

①鶏モモ肉の余分な脂身の部分を取り除き

足先の筋張っている部分は繊維に逆らって切り込みを入れます。

塩(適量)を全体に振りかけて

臭みが水分と一緒に出るまで約15分置いておきます。

 

②キャベツは芯の部分と葉の部分を切り分けます。

キャベツの芯はそぎ切りにして

葉の部分は一口大に切ります。

 

③エリンギの軸は少し厚めの薄切りにし

かさの部分はくし切りにします。

 

④玉ネギはくし切りにし

ピーマンはヘタの部分を指で押し込み外して

半分に切って種を取ったら

苦みのある白い部分を切り落とし乱切りにします。

 

⑤ニンニクは2mm程度の薄切りにします。

ニンニクの芯は臭みがあるので取り除いておきます。

 

⑥①で置いておいた鶏モモ肉から出てきた水分を拭き取り

食べやすい大きさに切ります。

酒(大さじ1)を全体になじませたら

塩・白コショウを振りよくもみ込んで下味を付けます。

 

⑦合わせ調味料の材料をすべて混ぜ合わしておきます。

 

⑧フライパンの底にたまるぐらいの

サラダ油を入れ

そのサラダ油に塩(適量)を入れます。

 

スポンサーリンク

⑨キャベツ以外の野菜を炒めます。

時間差でキャベツを加えて炒め

全体に油がなじんだらザルに取り出します。

 

⑩鶏肉の水分を拭き取って

うま味を閉じ込めるため薄力粉をまぶします。

サラダ油(適量)を敷いたフライパンで焼いていきます。

 

⑪フライパンを傾けて

サラダ油の溜まったところへニンニクを加えて香りを出します。

香りが出てきたらニンニク油と鶏肉を絡めます。

 

⑫合わせ調味料を加えとろみがついたら

ザルに上げておいた野菜を加え炒めます。

仕上げに無塩バターを加えて

全体によくなじめば完成です。

 

まとめ

鶏もも肉の余分な脂は臭みの素となるので

取り除いておいたり

筋が硬いので繊維に逆らって切れ込みを入れたり

塩を振りかけて臭みを抜くなどの技は

さすがプロの技で細やかな仕事でしたね。

ニンニクの香りがする油で焼いた鶏肉は

本当に美味しそうです。

ぜひ、挑戦したいですね。

 

愛のスパルタ料理塾 定番レシピにひと工夫でこんなにおいしい!

愛のスパルタ料理塾 定番レシピにひと工夫でこんなにおいしい!

 

 

スポンサーリンク