アトピタ ベビーローション 乳液タイプ 120ml

4月30日の世界一受けたい授業では

アレルギーの新常識として

今井孝成先生が「Tレグ細胞」について

教えてくれました。

アレルギーは生まれたときになりやすい体質かどうか

そしてアレルギーを完治させる可能性について教えてくれました

アレルギー体質なので備忘録として紹介します。

 

アレルギーになりやすい体質

アレルギーになりやすい体質は

生まれたときに決まっているのです。

なんと第一子は第二子以降の子供に対して

アレルギーになりやすいのです。

 

アレルギーの原因となる

IgE抗体が第一子の方がそれ以降の子供より

多く作られていることが判明したのです。

 

さらに、アレルギーから守ってくれるTレグ細胞が

第一子は第二子以降の子供に比べて

圧倒的に少なかったのです。

 

つまりアレルギーを引き起こす原因となるIgEは多く

守ってくれるTレグ細胞が少ないという

アレルギーになりやすい体質で生まれてくるのです。

これはかなり衝撃ですよね。

私は第一子なのでまさに的中しています。

 

赤ちゃんにしてあげられるアレルギー対処法

アレルギーから守ってあげるために

皮膚を保湿してあげることが大切なのです。

 

スポンサーリンク

皮膚からもアレルギー物質は

樹状細胞と呼ばれる細胞によって

体内に取り込まれてしまうのです。

それから守ってあげるために保湿して

バリアしてあげることが大切です。

 

生後6か月まで全身を保湿してあげることで

アトピー性皮膚炎になるリスクを3割以上抑えてくれます。

アトピタ ベビーローション 乳液タイプ 120ml

アトピタ ベビーローション 乳液タイプ 120ml

 

 

赤ちゃんの頃になりやすいのは

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーで

このどちらかになると

3歳くらいに気管支喘息になり

10歳くらいに花粉症を発症するリスクが高くなります。

アレルギーマーチと呼ばれる悪循環です。

 

アレルギーを抑えるTレグ細胞

Tレグ細胞はアレルギーを抑えてくれる細胞です。

例えば花粉症の場合

本来なら体に無害のスギ花粉を

免疫細胞が過剰に反応して攻撃して

炎症を起こします。

 

Tレグ細胞は免疫細胞に対して

無害な物質なので攻撃しないように指示し

炎症を抑えてアレルギーを抑えてくれるのです。

 

Tレグ細胞を増やす方法

Tレグ細胞はスギ花粉ならスギ花粉のTレグ細胞

ダニアレルギーならダニアレルギーのTレグ細胞があり

その対応するTレグ細胞を増やしてあげなければいけません。

 

ダニアレルギーのTレグ細胞を増やす方法

舌下免疫療法と呼ばれる

ダニのエキスを舌の上に垂らして

ダニによる症状を抑える治療法があります。

 

2015年から保険適用の治療となったので

病院で指示を受けて治療を行って下さい。

 

スポンサーリンク

食物アレルギーのTレグ細胞を増やす方法

食物アレルギーのTレグ細胞を増やすためには

「昆布」を食べると効果的です。

ただし、食べすぎるとむくみや便秘の原因となるので

注意が必要です。

 

摂取の目安

お味噌汁にひとつまみのとろろ昆布を入れて

それを週に2~3回摂取するのがおすすめです。

 

まとめ

理化学研究所の

「腸内細菌が作る酪酸が制御性T細胞への分化誘導のカギ」

という発表によると腸内細菌が

Tレグ細胞を増やすためには必要だと報告されています。

腸内細菌が作る酪酸が制御性T細胞への分化誘導のカギ

 

今回の番組では昆布が取り上げられましたが

腸内の酪酸を増やす善玉菌を増やして

腸内環境を整えてあげることも

アレルギー改善には効果があると思います。

 

スポンサーリンク