5月3日のノンストップの笠原将弘のおかず道場では

日本料理の賛否両論の笠原将弘さんが

初鰹の季節ですので

「初ガツオの彩りちらし」の

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

初ガツオの彩りちらしのレシピ

カツオをトマト醤油につけて

臭みを抜いていました。

トマトのグルタミン酸とカツオのイノシン酸の

うまみの相乗効果でとてもおいしくなります。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

初ガツオ(刺身用さく)・・200g

トマト(粗みじん切り)・・1/2個

 

【A】

しょうゆ・・大さじ3

みりん・・大さじ1

しょうが(すりおろし)・・小さじ1/2

 

ほうれん草・・1/3束

塩・・少々

茹で卵・・1個

青じそ・・5枚

みょうが・・2個

温かいごはん・・茶碗4杯分(600g)

 

【B】

酢・・大さじ5

砂糖・・大さじ2

塩・・小さじ1

 

白いりごま・・大さじ1

ごま油・・大さじ1

 

作り方

①カツオは一口大に少し厚めに切ります。

 

②ボウルにトマトと【A】を混ぜ合わせて

カツオを加えて20分漬け込みます。

 

③ほうれん草は塩ゆでして水にとり

水気をしっかり絞り粗みじん切りにします。

 

④茹で卵、青じそ、みょうがも粗みじん切りにします。

 

⑤酢飯を作ります。ボウルにご飯を入れて

合わせた【B】を加えて

しゃもじで切るようにして混ぜます。

 

スポンサーリンク

⑥⑤にほうれん草、白いりごま、ごま油も加えます。

 

⑦器に酢飯を盛り、カツオの漬けをのせて

茹で卵と青じそとみょうがを散らして完成です。

 

まとめ

トマトしょう油でカツオを漬け込むのは

初めての調理法だったので

とても興味深かったです。

ぜひ、我が家でもやってみたいと思います。

 

笠原将弘の毎日たべたい和食のおかず

笠原将弘の毎日たべたい和食のおかず

 

 

スポンサーリンク