麻婆春雨(250g×1パック) 料理歴40年以上の職人が作る本格中華 京都の自社工場で生産

5月10日のノンストップでは

予約の取れない名店「賛否両論」の

笠原将弘シェフが

和風マーボー春雨の作り方を教えてくれました。

ゆず胡椒が効いた和風の春雨が

とても美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

和風マーボー春雨のレシピ

ツナ缶の油を使うところがポイントです。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

春雨(乾燥)・・80g

にんじん(細切り)・・100g

たまねぎ(薄切り)・・1/2個

ピーマン(種とヘタを除き細切り)・・3個

ツナ缶(油漬け)・・2缶(70g入り)

ゆず胡椒・・小さじ1/2

 

【A】

だし汁・・4カップ

しょう油・・大さじ3

みりん・・大さじ3

 

作り方

①フライパンにツナ缶を汁も丸ごと入れて

中火にかけます。

 

②にんじん、玉ねぎ、ピーマンを指示通りに切ったものを

フライパンに加えてしんなりするまで炒めます。

 

③【A】を加えてひと煮立ちさせます。

 

④春雨を乾燥のままフライパンに加えます。

上から押えて煮汁に浸らせて

蓋をして7~8分ほど蒸し煮にします。

 

スポンサーリンク

⑤ゆず胡椒を加えて混ぜ合わせれば完成です。

 

まとめ

春雨を水で戻すのではなく

だし汁で煮込むこともポイントですね。

ゆず胡椒で辛みを出して

和風に仕上がっています。

ヘルシーで美味しそうですので

ぜひ、作ってみたいと思います。

 

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

 

 

スポンサーリンク