牛たんと牛赤身すじのピリ辛トロ角煮[3パックセット] 焼肉 バーベキューに(父の日ギフトに、贈り物に)

5月15日の男子ごはんでは

こだわり丼シリーズとして

牛の角煮旨辛丼を栗原心平さんが

作り方を教えてくれました。

付け合わせのオクラとひじきの玉子スープと

春菊のサラダも

とても美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

牛の角煮旨辛丼のレシピ

角煮と言うと豚肉が一般的ですが

今回のこだわりの丼では

牛肉を使った角煮です。

山椒を効かせて唐辛子を入れたピリ辛風味で

とても美味しそうに仕上がっていました。

牛を煮込む時間にこだわってお箸でほぐれるおにくです。

 

 

材料

スポンサーリンク

牛バラ肉 (5~6cmに切ったもの)・・500g

水・・800㏄

にんにく・・1片

花山椒・・小さじ1

ごま油・・適量

温かいご飯・・丼ぶり2杯分

塩・・小さじ1/2

黒コショウ・・適量

 

【A】

長ネギ(青い部分)・・1本分

赤唐辛子(乾燥)・・3本

八角・・1個

ローリエ・・1枚

紹興酒・・大さじ1.5

 

【B】

砂糖・・大さじ1/2

赤みそ・・小さじ2

オイスターソース・・小さじ2

醤油・・小さじ1

 

【水溶き片栗粉】

水、片栗粉・・各小さじ2

 

作り方

①牛肉は塩、黒コショウで下味をつけます。

 

②フライパンを熱してごま油を引いておき

半分に切ったニンニクを入れて強火で焼き

牛肉ものせていきます。

途中、にんにくに焼き目がついたら肉の上に乗せます。

全体に焼き目をつけます。

 

③鍋に②をにんにく、肉汁ごと加えます。

水を加えて煮込んでいきます。

紹興酒を加え、赤唐辛子は半分にちぎって種ごと加えます。

ねぎも入れて肉の臭みを消します。

ローリエと八角も加えます。

沸騰してきたら弱めの中火にして

蓋をし1時間煮込みます。

 

④【B】のしょうゆ、砂糖、赤みそ、オイスターソースを混ぜ合わせます。

 

⑤鍋の長ネギの青い部分、八角、ローリエを取り出して④を加えて

混ぜてから一煮立ちさせます。

 

⑥よく混ぜた水溶き片栗粉を加えてとろみがつくまで煮詰めます。

仕上げに摺った花山椒を加えて混ぜます。

 

⑦器にご飯をもって牛肉と煮汁をかければ完成です。

 

オクラとひじきの卵スープのレシピ

牛の角煮にぴったりのスープです。

 

材料

ひじき(戻して流水で洗ったもの)・・大さじ3

オクラ・・4本

卵・・1個

ごま油・・小さじ1

薄口しょうゆ・・小さじ1

酒・・小さじ2

塩・・適量

 

【A】

鶏がらスープ(顆粒)・・小さじ2

水・・500㏄ 

 

作り方

①オクラはガクの部分を切り落として

塩少々でもんでいたずりをします。

3等分の斜め切りにして

卵は溶いておきます。

 

②鍋に【A】を混ぜて火にかけて

沸いて来たらオクラ、酒、薄口しょうゆを

加えてひとにたちさせます。

 

③味を見ながら塩(小さじ1/3)を加えて

ひじき、ごま油を加えて一煮立ちさせます。

 

④火を弱めて卵を流しいれてから火を止め

卵が余熱で固まったら完成です。

 

しょうがを効かせた!春菊サラダのレシピ

春菊の香りがさっぱりとさせてくれます。

しょうがのドレッシングもとても美味しそうです。

 

スポンサーリンク

材料

春菊・・1/3束

かいわれ大根・・1/2パック

 

【A】

しょうゆ・・大さじ1.5

みりん、酢、砂糖、ごま油・・各小さじ1

おろし生姜・・1片分

 

作り方

①春菊の葉は一口大にちぎり、茎は斜め薄切りにします。

かいわれ大根は根元を切り落とし

ボウルに加えて混ぜます。

 

②【A】を混ぜてドレッシングを作ります。

 

③①をどんぶりにのせてドレッシングをかけて完成です。

 

まとめ

牛の角煮旨辛丼とても美味しそうでしたね。

丼でガツガツ食べたい一品でした。

こだわりたっぷりで、ぜひとも作ってみたいと思います。

やっぱり心平ちゃんの料理は美味しそうですね。

 

男子ごはんの本 その8

男子ごはんの本 その8

 

 

スポンサーリンク