ニチレイ)特選中華直火炒めチャーハン 250g

5月22日の男子ごはんでは

国分太一さんと栗原心平さんが

めんつゆを使った

和風チャーハンと和風餃子の作り方を教えてくれました。

しらすやしし唐が入ってとても美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

和風チャーハン(炒飯)のレシピ

しし唐としらすが入ったチャーハンです。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

ご飯・・茶碗2杯分(固めに炊き上げる)

しめじ・・1/2パック

ししとう・・10本

ちくわ・・大1/2本(50g)

しらす・・40g

卵・・2個

めんつゆ・・大さじ1

しょうが(みじんぎり)・・1片

塩・・小さじ1/2

かつお節・・適量

紅ショウガ・・適量

サラダ油・・大さじ1.5

黒コショウ・・適量

 

作り方

①ちくわは薄くいちょう切りにし

しめじは石づきをおとし2cm幅に切り

しし唐はヘタを落として1.5㎝幅に切ります。

卵はよく溶いておきます。

ちくわはかまぼこでもOKです。

 

②フライパンにサラダ油を入れて熱し

しょうがを中火で炒めます。

香りが出て来たら卵を流しいれて

木べらでグルグル混ぜて半熟になったらご飯を投入します。

 

③木べらでごはんをほぐし

焼きつけるように強火で炒めます。

箸で混ぜるとごはんに粘りがでるので気を付けてください。

 

④ご飯がパラっとして来たら

しめじ、ししとうを加えて炒めます。

 

⑤しし唐に火が通ったらちくわ、しらすの順に加え

炒めあわせます。

塩、黒コショウを加えてさらに炒め合わせます。

 

⑥木べらでご飯をよせて

空いたところにめんつゆを加えて

軽く水分を飛ばしてから全体を炒め合わせます。

 

⑦器に盛ってかつお節を振りかけ

紅ショウガを添えれば完成です。

 

三つ葉だれの和風餃子のレシピ

鶏肉を使ってさっぱりと仕上げています。

また、三つ葉を使ったタレがポイントです。

 

材料

鶏ももひき肉・・250g

万能ねぎ・・1/2束

しいたけ・・3個(50g)

しょうが・・1片

 

【A】

片栗粉・・大さじ1/2

酒・・大さじ1

しょう油・・大さじ1

みりん・・大さじ1

塩・・小さじ1/3

 

餃子の皮・・1袋

片栗粉・・適量

サラダ油・・適量

水・・50㏄

 

<たれ>

三つ葉・・1束

酢・・適量

めんつゆ・・適量

白コショウ・・適量 

 

スポンサーリンク

作り方

①万能ねぎを小口切りにし

しょうがはみじん切りにします。

しいたけはみじん切りにします。

 

②ボウルに①の野菜とひき肉と【A】を合わせて

よく混ぜます。

鶏ひき肉の脂とネギの相性が抜群です。

 

③タレを作ります。

三つ葉を1㎝幅に切ります。

小皿にめんつゆ、酢を混ぜ合わせ白コショウを振り

三つ葉を入れれば完成です。

 

④餃子を包みます。

餃子の皮にふちに水を付けて②の肉あんを

ティースプーン1杯分をのせて半分に折るようにして包みます。

ひだを寄せながらぴっちりと閉じます。

 

⑤餃子の底に片栗粉を付けながらフライパンに並べ

サラダ油を回しいれて強火にかけます。

 

⑥パチパチとしてきたら水を加えて蓋をし

蒸し焼きにします。

水分が少なくなって来たら

蓋を取ってカリッと仕上げます。

 

⑦お皿にもって③のタレを添えたら完成です。

 

裏トーク:パクチー商品

裏トークではパクチー商品が紹介されました。

 

パクチーポテトチップス

心平ちゃんも上手く作っていると大絶賛でした。

 

タイの台所 パクチードレッシング

万人受けするように少しパクチーを

抑え気味に作っているようです。

パクチーブームの火付け役ともいわれています。

 

岡山パクチー

上の2つに比べると

パクチー感がガッツリ来る商品です。

 

まとめ

めんつゆで味付けをするので

簡単に作れるのがありがたいですよね。

ぜひ、お昼ご飯に作ってみたいと思います。

 

男子ごはんの本 その8

男子ごはんの本 その8

 

 

スポンサーリンク