認知症予防─読めば納得!  脳を守るライフスタイルの秘訣─

5月23日の主治医が見つかる診療所では

大人の脳育法が紹介され

ちょっとした努力で

脳はずっと健康でいられて

認知症、脳卒中、うつ病などの予防になるとのことで

脳の血流をよくする真向体操を教えてくれたので

備忘録として紹介します。

 

脳をいつまでも健康に!大人の脳育法!

脳を元気にいさせるには

脳をドキドキさせたり

楽しいと思わせることが大切だそうです。

番組に出てきた先生は

ピアノや昆虫採集などをして

脳を健康にしておりました。

そして、積極的に脳を健康にするための

健康法を紹介してくれました。

 

脳の衰えチェック法「閉眼片足立ちテスト」

まずは自分の脳がどれだけ衰えているのか

簡単にチェックすることができます。

 

やり方

①両手を腰に当てて両目を閉じ

左右どちらかの足で片足立ちになります。

ここから何秒立っていられるか計測します。

 

※この時上げた足は軸足に触れないようにし

足を上げる高さや位置は自由です。

 

軸足がずれたり、上げた足が地面に付いたら終了です。

 

片足立ちテストの年代別平均時間

10代・・40秒~

20代・・80秒~

30代・・55秒~

40代・・40秒~

50代・・25秒~

60代・・18秒~

 

これらの時間に当てはまるかチェックしてください。

 

認知症を予防する脳育法「篠浦流」

ストレスを感じると脳への血流が落ち

脳細胞が衰えると認知症になるとのことです。

 

ストレスに負けない脳を作るには

脳の司令塔の帯状回と言う部分を

鍛えると認知症を予防することができるのです。

 

帯状回を鍛えるためには

体幹にかかわる運動をしてあげるとよく

体幹を鍛えることでストレスに負けない脳を

作ることができるのです。

 

篠浦流:大人の脳育法①

足の裏を刺激して脳への血流をアップさせます。

1日1回足つぼマッサージ器にに乗って

足の裏の血流をよくしていました。

 

篠浦流:大人の脳育法②

真向法体操でストレッチをすると

腰回りの体幹力をアップさせることができて

血流がアップするのです。

 

真向法第一体操

足の裏の外側を合わせて座り

息を吐きながら上体を前に倒します。

これを10回繰り返します。

 

真向法第二体操

両足を伸ばして座り

息を吐きながら状態を前に倒します。

これを10回繰り返します。

 

真向法第三体操

足を左右に開いて座り

息を吐きながら状態を前に倒します。

これを10回繰り返します。

 

真向法第四体操

星座の状態から両足の間にお尻を下ろし

上体を後ろに倒して両腕を伸ばし

約1分キープします。

 

そのほかにもラジオ体操や太極拳も

体幹を鍛えるのにピッタリです。

 

篠浦流:大人の脳育法③

3食のうち1食は

玄米と野菜スープを

摂取するようにします。

 

野菜スープの具は

ニンジン、キャベツ、たまねぎ、かぼちゃで

植物を摂取したほうが「ファイトケミカル」と言って

抗酸化物質を摂取できるからよいそうです。

 

ファイトケミカルには血管を修復する作用があるので

脳にはとても効果があるのです。

 

篠浦流:大人の脳育法④

空手で体幹力を鍛えていました。

空手は体幹を使う動きが多いので

転ばなくなり寝たきりになるリスクが減るので

認知症予防になります。

 

嗅覚を鍛えて認知症予防

認知症に最初に現れるのが嗅覚障害なので

花のにおいをかぐなど

お香をたくなどして嗅覚を刺激しておくと

認知症予防になります。

 

腸を鍛えて認知症予防

腸をよくすると脳もよくなると

最近分かっており

「腸脳相関」と呼ばれ

腸内環境を整えると脳にいい物質が出るのです。

 

食物繊維の多い物や

発酵食品を摂取すると

認知症予防になります。

 

まとめ

大人も脳を鍛えると

脳細胞は増えなくても

シナプスの信号は強くなるとのことなので

是非とも脳に刺激を与えてあげたいと思います。

しかし、体幹を鍛えると認知症を予防できるとは

結構意外でしたが

楽しいと思えれば認知症を予防出来るのでしょうね。

 

認知症予防トレーニング 認トレ 一生ボケない! 38の方法

認知症予防トレーニング 認トレ 一生ボケない! 38の方法

 

 

スポンサーリンク