バイオ お風呂のカビきれい カビ予防 (交換目安:約6カ月)

5月26日の得する人損する人では

得損ヒーローズの家事えもんが

梅雨のカビ対策を教えてくれました。

これから雨でじめじめして大変なので

ぜひ覚えておきたいので

備忘録として紹介します。

 

カビの原因の水垢を落とす方法

家事えもんはクエン酸水と重曹を使って

水垢を落とす方法を教えてくれました。

これだけだと今までと変わらないので

家事えもんはセロハンテープと消しゴムを使い

磨いていました。

 

道具

スポンサーリンク

クエン酸水

重曹

サランラップ

セロハンテープ

消しゴム

 

やり方

①鏡などの水垢が酷いところにクエン酸水を吹き付けて

サランラップで乾燥しないようにひっつけます。

 

②1時間ほど置いたら水垢の成分の

炭酸カルシウムが柔らかくなります。

 

③消しゴムにセロハンテープを巻き付けたものを作り

粉の重曹を研磨剤代わりにして

セロハンテープを巻いた消しゴムで

擦ります。

 

④最後に拭き取れば完了です。

 

お風呂のカビ対策

お風呂の最後に水をかけて

カビ対策をしている人が多いと思います。

しかし、冷水をかけると

カビは胞子を出してしまうので

実は逆効果だったのです。

 

スポンサーリンク

45℃以上のお湯をかける

カビは熱に弱いので45℃以上のお湯をかけると

カビの増殖を防ぐことができます。

さらに温かいお湯をかけると

早く乾燥するのでその効果もあります。

 

まとめ

45℃以上のお湯でもカビの胞子は死滅しないので

ちょっと突っ込みたくなりましたが

熱湯をかけようとして火傷をしない様にだけ気を付けてください。

 

 

得する家事 家事えもんと仲間たち「みんな得する家事ワザ」大全集

得する家事 家事えもんと仲間たち「みんな得する家事ワザ」大全集

 

 

スポンサーリンク