羽田空港で働く (ANAエアポートサービスのすべて)

6月14日のマツコの知らない世界では

飛行機に乗らないのに週3で

羽田空港に通うという片山千賀子さんが

ぶらり羽田空港の世界を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

目次

国際線ターミナル

羽田空港の国際ターミナルは

家族で楽しめるのです。

第一ターミナルの展望デッキから

昭和っぽい風景が楽しめるそうです。

空港の中で願掛け!木札の自動販売機

国際線5階のお祭り広場には

国際線特製の願掛けスポットがあるのです。

自動販売機があって500円で

木札を買うことができます。

裏面はチケットが描かれています。

スポンサーリンク

風間杜夫になれる場所!フライトシミュレーター

リアルな映像と音で飛行機の

操縦を体験することができます。

誰でもパイロット気分を味わうことができます。

これは楽しそうです。

国際線ターミナルグルメ

羽田限定もあるので要チェックです。

銀座 おぐ羅

ダシが輝く絶品おでんです。

搭乗手続きしているお客さんを見ることができます。

この風景を見ながら食べるのがいいそうです。

7品おでんとだし茶漬け定食 1782円が紹介されました。

吉野家

国際線限定メニューがあります。

幻の牛丼「牛重」1240円が紹介されました。

国産和牛の肩ロース肉を使っており

とても美味しそうです。

つるとんたん

羽田限定メニューの

和風酸辣湯のおうどん 1380円が紹介されました。

恵比寿 焼肉チャンピオン

焼肉チャンピオンロール 1350円が紹介されました。

空港内おみやげナンバー1です。

スポンサーリンク

すぎのこ

特撰海鮮丼 2041円が紹介されまいた。

築地直送だそうです。

JAL SKY MUSEUM

堀ちえみになれる場所です。

予約制なので注意してください。

歴代の制服がずらっと並んでいます。

これまで10回にわたってリニューアルされた

JAL CAの制服がすべてあります。

さらに現役のJALのCAさんの制服を

無料で試着することもできるのです。

第2ターミナル

展望デッキは目の前に海が広がっており

スカイツリーまで見ることができます。

夜はLEDでライトアップされるので

デートに最適です。

奥にはカップルシートまであります。

天政

老舗名店の絶品天ぷらのお店です。

窓から離陸する飛行機を眺めながら食べられます。

天政名物「天バラちらし」 3024円が紹介されました。

旬の野菜が詰まったかき揚げと

築地直送の穴子を

アツアツのままご飯に混ぜ込んで

北海道産のいくらを添えています。

カステルモーラ

展望デッキに面するイタリアンレストランです。

カステルモーラの看板メニューの

「アウローラ」ピザ 1922円が紹介されました。

石焼き窯で焼かれています。

ベトナム Cho’

羽田極旨グルメです。

特徴はその早さです。

「鶏肉のフォー」1130円が紹介されました。

ベトナムから取り寄せた米粉麺を

自社スープ工場で作る牛骨スープで頂きます。

さらに13種類の具材をお好みで

無料でトッピングすることができます。

TOKYO Airport Restaurant

到着してすぐに本格刀削麺を食べることができます。

「ピリ辛胡麻だれつけ麺」870円が紹介されました。

本場中国で学んだ料理人が作る刀削麺は

とても美味しそうです。

エアポート グリル&バール

飛行機のすぐ側で食べることができます。

「とろとろ温玉&粗びきソーセージ」1390円が紹介されました。

クリス片山いちおしのレストランです。

まとめ

羽田空港はほとんどいかないですが

行ったときの為にグルメは覚えておきたいですね。

しかし、暇だったとしても

搭乗口の人々を観察するためには行こうとは思わないですね。

どうせだったら自分が行きたいですもん。

スポンサーリンク