県別ランキング大全

7月9日のサタプラことサタデープラスでは

健康ピンキリランキングとして

見習うべき生活習慣と

改善するべき生活習慣を

教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

長寿の県のベスト1・ワースト1

長寿の県1位は長野県で

ワースト1は青森県なのです。

 

このように同じ日本でも

分化が違えば生活習慣も違うので

食べるものなどで健康が変わります。

 

ベスト1とワースト1の県を比べることで

健康にいい習慣と悪い習慣が分かってきたのです。

 

脳卒中のピンキリランキング

ワースト1位:岩手県

ワースト1位は岩手県でした。

お味噌汁の塩分を測ると

普通なら0.8%のところが1.2%と

かなり濃い味になっていました。

 

岩手県の悪い生活習慣は

塩分の過剰摂取で

これが高血圧を招いて

脳卒中になってしまうのです。

気になる方は塩分濃度計が売られているので

測定してみるといいかもしれません。

 

ケチャップを使って減塩

岩手県では減塩を推奨しており

ケチャップに置き換えて減塩を促していました。

 

そのやり方はいつもみそやしょうゆの量の

半分をケチャップに置き換えるだけです。

ケチャップにはグルタミン酸が多く

うま味成分があるので

味を損なうことなく減塩をすることができます。

 

スポンサーリンク

みそ汁は38%の減塩

サバの味噌煮は30%の減塩

豚の生姜焼きは36%の減塩に繋がります。

 

トマトに砂糖をかけて食べていましたが

肥満も脳卒中の原因なので要注意です。 

NHKためしてガッテン 脳から「うまい!」と感じるゼロしおレシピ超減塩術 (生活シリーズ)

NHKためしてガッテン 脳から「うまい!」と感じるゼロしおレシピ超減塩術 (生活シリーズ)

  • 作者: NHK科学・環境番組部,主婦と生活社「NHKためしてガッテン」編集班
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2015/10/30
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ベスト1位:香川県

脳卒中になりにくいのは香川県でした。

香川県と言えばうどん県で

1年間に250玉も食べている計算だそうですが

うどんにも塩分は多いですよね。

 

しかし、香川県のうどんはダシがポイントで

塩分量は少なく作られており

いりこのイノシン酸たっぷりで

塩が少なくても美味しく食べられるのです。

 

自転車で有酸素運動

香川県は都市部並みに自転車を保有しており

結構な距離でも自転車で移動する人が多いです。

 

自転車は有酸素運動で健康に良く

善玉コレステロールが増えて

動脈硬化の予防につながるのです。

 

1日20分以上自転車をこぐことをお勧めしていました。

 

タコのタウリン

香川県民の人はタコを良く食べています。

明石のタコも有名で

その海の向こう側なので

やはり美味しいのが特徴です。

 

スポンサーリンク

タコにはタウリンが含まれており

滋養強壮に知られていますが

血管にもいいのです。

 

生のタコでタコ飯を漁師さんが

作っていましたが

これが一番タウリンを上手く摂れる方法なのです。

タウリンは水溶性なので

生から炊くことで余すことなく

タウリンを摂取することができるのです。

 

サタプラ流 脳卒中メニュー「タコのぶっかけ酢しょうがうどん」

酢しょうがが入った

いりこだしのぶっかけうどんです。

 

材料(2人前)

うどん・・2玉

タコ・・150g

大葉・・4枚

ぶっかけうどんつゆ(いりこだし)・・100㏄

 

<酢しょうが>・・大さじ2

酢・・100㏄

生姜・・100g

はちみつ・・20g

 

作り方

①うどんを茹でてぶっかけうどんにします。

 

②その上にタコと大葉と酢しょうがをのせれば完成です。

 

まとめ

やはり塩分の摂りすぎが

一番健康に良くないのですね。

寿司が好きで良く食べに行きますが

しょう油の量を考えて食べたいと思います。

香川にうどんを食べに行きたくないrました。

 

塩分一日6gの健康献立―減塩するならこの一冊

塩分一日6gの健康献立―減塩するならこの一冊

 

 

 

スポンサーリンク