熱中症対策マニュアル

7月9日の世界一受けたい授業では

熱中症の新常識2016

暑さに打ち勝つ体を作る方法として

能勢博さんが熱中症対策を

教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

熱中症とは

熱中症の一番軽い症状が

熱失神と言うめまいがして

倒れてしまうことです。

 

サウナに10分程度入ると

片足立ちすることができずに

ふらふらになってしまっていました。

 

なぜふらつくのか?

体温が上昇すると皮膚表面の血流が増加し

一時的に脳への血流が減少しふらつきます。

この状態が熱失神です。

 

これに脱水症状が重なると40℃くらいになって

下手をすると死亡することもあるそうです。

 

スポンサーリンク

緑茶と水はどちらが熱中症対策に向いている?

緑茶より水の方が熱中症対策には向いています。

緑茶のカフェインには利尿作用があるので

飲みすぎると尿として水分が出てしまうのです。

 

したがって水がいいのですがその温度も重要です。

 

おすすめの温度は5~15℃の水で

1回150~250mlをこまめに摂取しましょう。

 

冷たすぎてもいけないですし

一度に大量に飲んでも吸収が追い付かないので

こまめに飲むことも大切です。

 

経口補水液のレシピ

売っているものを買い置きしてもいいですが

家にある物で簡単に作ることができます。

 

材料(1Lバージョン)

水・・1L

砂糖・・20~40g

塩・・3g

レモン果汁・・1/2個分

 

材料(250ml:コップ1杯分)

水・・250ml

砂糖・・5~10g

塩・・0.75g

レモン・・1/8個

 

作り方

混ぜるだけです。

レモンを入れると飲みやすくなり

筋肉の動きを助ける

カリウム摂取もできます。

 

経口補水液は汗を大量にかいたときに

飲むものなので普通に飲むと塩辛いですし

逆に健康に悪いので注意してください。

外でスポーツをしたり農作業をするときに

飲むようにするようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

熱中症に負けない体の作り方

今はエアコンが発達したので

汗をかきにくい状態になりやすいです。

こうならないようにするのが

熱中症に負けない体を作るために重要なのです。

 

インターバル速歩

①早歩きを3分します。

息が弾む程度の速さで

大股で歩きます。

 

②ゆっくり歩きを3分します。

周りを眺めながら散歩をするくらい

本当にゆっくりで大丈夫です。

 

これを交互に行います。

1日30分程度を目安に行ってください。

 

足の筋肉を鍛えたり

血液量を増やす働きがあります。

血液を全身に戻すことができるので

熱中症対策になります。

 

牛乳を飲む

牛乳のタンパク質・糖質は

肝機能を高め血流量を増やすのに役立ち

汗の量が増えて熱中症対策委なります。

 

インターバル速歩をした後

1時間以内にコップ1杯200ml程度を飲みます。

 

運動後に飲むことで

傷んだ筋肉を修復して筋肉量を増やすのにも役立ちます。

 

10日間続けるだけで体質が変わりますし

熱中症に負けない体になりますが

炎天下で歩くと体が慣れないので

部屋の中でスクワットするだけでも

効果があるので無理だけはしないでください。

 

まとめ

私も以前熱中症で倒れたことがあり

本当に全く記憶がないくらいにやばいです。

暑いと思う前に水分補給したり

対策してください。

 

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

 

 

スポンサーリンク