「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

7月10日のこの差って何ですかでは

シミができる人とできにくい人の差が

紹介されました。

美容の大敵のシミができにくい方がいいですよね。

とても気になったので

備忘録として紹介します。

 

シミができる原因

シミの原因となるのは

日光の紫外線が原因です。

 

しかし、日焼け止めなどのケアをしていても

シミができる人がいれば

全くケアをしていなくても

シミができない人がいます。

この差はいったい何なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

シミができやすい人の差

シミができやすい人とシミができにくい人の差は

もともと色白か色黒かが重要なのです。

 

色白の方はシミができやすく

色黒の人はシミができにくいのです。

 

日焼けすると皮膚が炎症を起こしてしまうので

それをガードするために

メラニンが生成されて色が黒く日焼けします。

 

若い人は肌のターンオーバーがしっかりできるので

新しい細胞が新陳代謝で出てくると

メラニンで黒くなった細胞は皮膚から剥がれて

元の白い肌に戻ることができます。

 

しかし、年を取ってくると

しっかりターンオーバーすることができなくなり

その部分だけメラニンを排出できないので

そこがシミになってしまうのです。

 

なぜ色白の人の方がシミができやすい?

色黒の人は元からメラニンを持っているので

皮膚を防御できているので

新しくメラニンを作る量が少なくて済みますが

色白の人はメラニンをたくさん作らなければいけないので

シミになるリスクが高くなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

色白の人と色黒の人で隠れシミを測定したところ

色黒の人は62個だったのに対して

色白の人は603個と10倍も隠れたシミが多かったです。

 

なんと黒人の人はシミができないそうで

色白の人ほど日焼け対策はしないといけないですね。

 

まとめ

最近日差しがきつくなってきましたが

ちょっとの距離でめんどくさいと思って

日焼け止めを塗らなかったら

思いっきり日焼けをしてしまいました。

ちゃんと気を付けないといけないなぁ。

 

飲む日焼け止め対策もあったので

こういうのも併用するとよさそうですね。

夏の紫外線ダメージを内側からケア【マスターホワイト】

 

スポンサーリンク