鶏むね、鶏もも、俺に任せろ! (レタスクラブムック)

7月19日のノンストップでは

笠原将弘のおかず道場で

鶏胸肉の塩南蛮漬けの

作り方を教えてくれました。

グレープフルーツを入れたりと

ちょっと変わっているので

備忘録として紹介します。

 

鶏胸肉の塩南蛮漬けのレシピ

グレープフルーツの酸味と

セロリの清涼感で

サッパリと食べられる一品です。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

鶏胸肉・・1枚(300g)

グレープフルーツ・・1個

セロリ・・80g

パプリカ(赤)・・1/2個

 

【A】

だし汁・・3カップ

酢・・80cc

砂糖・・大さじ2

塩・・大さじ1

 

塩・・少し

薄力粉・・適量

揚げ油・・適量

粗びきこしょう(黒)・・少し

 

作り方

①グレープフルーツは皮をむいて

実を取り出し

残った薄皮の部分は

果汁を絞ります。

 

②セロリは筋を除いて薄切りにし

パプリカはヘタと種を取って

横半分に切って細切りにします。

 

③ボウルに①の果汁1/4カップと

【A】を順に入れて

混ぜ合わせて漬け汁を作り

セロリとパプリカを漬けます。

 

④鶏肉は皮を除いて

厚さ1cmのそぎ切りにし

両面に軽く塩を振って下味をつけ

薄力粉を薄くまぶします。

 

スポンサーリンク

⑤180℃に熱した揚げ油で

鶏肉の表面がカリッとするまで揚げます。

揚げたてをそのまま③に漬け

冷蔵庫で1時間ほど味をなじませます。

 

⑥器に盛ってグレープフルーツの実を散らし

粗びきこしょうをふれば完成です。

 

まとめ

揚げた鶏肉を合わせ酢で

さっぱりと食べられるので

とてもいいですよね。

セロリとパプリカも

さっぱりと食べられて美味しそうです。

 

ESSE(エッセ) 2016年 08 月号

ESSE(エッセ) 2016年 08 月号

 

 

スポンサーリンク