(とんかつ トンカツ) 三元豚ロースとんかつ 三元豚ロースとんかつ(120g×8枚)

7月21日の得する人損する人では

得損ヒーローズのサイゲン大介こと

うしろシティの阿諏訪泰義さんが

スーパーの安い豚肉を

名店の味に変えてくれました。

ぜひやってみたいので

備忘録として紹介します。

 

サイゲン大介のトンカツのレシピ

安い豚肉でも名店のように

柔らかくするには下処理をしっかりして

飲むヨーグルトに漬け込みます。

 

材料

スポンサーリンク

豚ロース・・1枚

塩・・少々

コショウ・・少々

小麦粉・・適量

卵・・1個

パン粉・・適量

水・・大さじ2

飲むヨーグルト・・大さじ2

 

作り方

①お肉の筋きりをします。

これで火を通しても反り返りません。

 

②筋を切った豚肉にフォークで穴をあけます。

沢山開けてください。

 

③さらに麺棒で叩いてください。

繊維が壊れて柔らかくなります。

 

④下処理をしたとんかつを

ジップロックなどの保存袋に入れて

飲むヨーグルトと水を加えます。

 

⑤冷蔵庫で30分寝かせます。

 

⑥表面の飲むヨーグルトを軽くふきます。

 

⑦小麦粉をしっかりとまぶして

余分な粉をはたきます。

 

⑧溶き卵をつけてパン粉をつけます。

 

スポンサーリンク

⑨パン粉を霧吹きで湿るくらいに水をかけます。

 

⑩さらにもう1度パン粉をつけて

また霧吹きで濡らし3分ほど水分を馴染ませます。

 

⑪150℃の油で揚げます。

目安はパン粉を入れてみると一度沈んで

浮き上がってきます。

 

⑫150℃の油で4分半揚げたら

余熱で3分寝かせて火を通します。

 

どうして柔らかくなる?

酸性のヨーグルトに漬けこむと

肉の酵素が活発になって筋繊維が

ほどけて柔らかくなります。

 

さらに飲むヨーグルトは液体なので

お肉に染み込みやすくて

糖分を含んでいるので

水分を含んで柔らかくなります。

 

また、パン粉を濡らすのは生パン粉のように

細かな空洞ができるのでサクサク食感になります。

 

まとめ

豚肉だけではなく牛肉にも使えるそうで

飲むヨーグルトで漬け込みたいですね。

パン粉を濡らすのは手軽で

他のエビフライなどにも使えそうです。

また、低温の油で揚げるのはやったことないので

ぜひやってみたいと思います。

 

うしろシティ 料理男子と裁縫男子

うしろシティ 料理男子と裁縫男子

 

 

スポンサーリンク