NHKきょうの健康 腰痛スッキリ!「腰みがき」―整形外科専門医がすすめる「姿勢」と「体操」 (生活実用シリーズ)

7月30日の世界一受けたい授業では

福島県立医科大学 整形外科教授の

大谷晃司先生が

腰痛の新事実を教えてくれました。

実は脳の錯覚かも?という

意外な事実も判明したので

備忘録として紹介します。

 

腰痛は現代病

現代人の体の悩みのナンバー1が腰痛であり

2800万人も腰痛に悩んでいます。

中学3年生も4人に1人は

腰痛を経験しており

低年齢化も進んでいます。

 

しかし、腰痛の原因が分かっているのは

そのうちの15%程度しかなく

残りの85%は症状を特定できていません。

 

大谷教授がその腰痛の新事実を教えてくれました。

 

錯覚腰痛

腰の痛みが3か月以上続くと

慢性腰痛と言うのですが

その原因の1つとして

錯覚腰痛と言うものがあります。

 

過去に腰痛を体験しており

その恐怖の記憶を持っている人は

痛みの感じ方が鋭くなっており

重い荷物を持とうとしている人の写真を見るだけで

不快に感じたり腰に痛みを感じることがあります。

 

スポンサーリンク

脳が痛みを感知すると興奮状態になるのですが

これを抑えるのが肺外側前頭前野(通称DLPFC)なのです。

しかし、慢性腰痛の人はDLPFCの体積が最大で10%小さくなっており

健康な人が1にしか感じない痛みを

慢性腰痛の人は50や100にも痛みを感じてしまいます。

 

腰痛の新常識①

腰痛になったら安静にするのが

普通だと思っていましたが

安静にするのは間違いです。

 

症状が出た直後を除いて

可能な範囲で動かした方が治りが早いです。

 

腰痛の新常識②

最新の腰痛治療には抗うつ剤が

処方されることがあります。

 

もともと鎮痛作用がある上に

痛みが続くと精神状態が不安になり

家庭や会社のストレスも合わさって

腰の痛みを感じやすくさせていることもあります。

それらの対処として

抗うつ剤が使われることがあるのです。

 

ただし、抗うつ剤はきちんと

病院で処方してもらわないといけないので

むやみに使用しないでください。

 

腰みがきとは?

毎日歯磨きするように

腰を強くするために

腰をみがくようにケアするのです。

 

福島医大会津医療センターの

白土教授が提唱しました。

 

基本編:腰と背中のストレッチ

①仰向けになり、片方の膝をかかえます。

 

②膝を胸に引き寄せ5秒キープします。

 

③元の位置に戻します。

 

片足10回ずつ繰り返えします。

その後反対の足も行ってください。

 

腰まわりから背中を伸ばすイメージで

ゆっくりと行うのがコツです。

腰回りの血流がよくなって腰痛改善が見込めます。

 

基本編:太ももの裏側のストレッチ

①仰向けになり片方の足をひざを

腰のあたりまで上げます。

 

②両手を膝の裏に入れて抱えるようにします。

 

③ピンと足がのびるように膝を伸ばします。

 

④5秒キープし元の位置にもどします。

 

1日左右10回ずつ行います。

 

ももの裏が伸びるので

腰痛改善に効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

応用編:腹筋強化

①仰向けになり、両膝を立てて

足を肩幅位に開きます。

 

②両手を太ももの上にのせ

あごを引いて手を滑らせながら膝にスライドさせます。

 

③床と背中の角度が30°~45°になるまで

上半身をゆっくり起こします。

 

④5秒キープし元の姿勢に戻ります。

 

腹筋を意識しながら行うと

より腹筋の強化につながります。

 

10回繰り返えします。

 

起きあがるのがつらい場合は

お腹に力を入れるだけでも効果があります。

 

応用編:背筋強化 

①おへその辺りにマットか畳んだバスタオルを入れ

うつ伏せになるように寝ころびます。

 

②手を気を付けの姿勢にします。

 

③あごを引いて床から10㎝程度上げます。

 

④5秒キープし元の姿勢に戻ります。

 

10回繰り返します。

 

まとめ

2週間腰みがきを続けるだけで

腰を反らせても腰の痛みが軽減されたり

腰痛の症状が改善していました。

重度の腰痛持ちの人でも

かなり改善していたので

薬を飲むよりも断然いいですね。

 

1日5分の「腰みがき体操」で腰痛をすっきり改善! (らくらく健康シリーズ)

1日5分の「腰みがき体操」で腰痛をすっきり改善! (らくらく健康シリーズ)

 

 

スポンサーリンク