【第3類医薬品】サクロフィール錠 50錠

8月4日のNHK あさイチの

蔵出しスマートライフでは

誰もが気になる口臭対策について

教えてくれました。

自分では気付きにくいからこそ

ちゃんとケアしておきたいので

備忘録として紹介します。

 

口臭の原因は?

鶴見大学菌学部付属病院の

中川洋一さんが夏の口臭対策を教えてくれました。

 

口臭のキーワードとなるのが

「舌苔」です。

 

舌の苔と書くように

舌の白くなっているところです。

ここは凸凹しているので

細菌がたくさん増殖しがちで

においの原因となる硫化水素などが

発生してしまいます。

 

スポンサーリンク

どのようにケアすればいいのか?

舌苔を取り除いてあげることが大切です。

特に朝は舌苔が一番多い時ですので

舌苔を取り除く専用のブラシなどを使って

きちんとケアしてあげてください。

 

また舌の奥の方に舌苔はたまりやすいので

特に注意して取り除いてください。

 

ガーゼで舌苔を取る方法

また、舌苔を取り除くために

ガーゼを使うのもお勧めです。

 

①15cmほどのガーゼを水で濡らし

軽く絞ります。

 

②人差し指に巻きます。

 

③舌の上を前後左右に擦ります。

いろんな方向に擦るようにしてください。

 

口臭の原因2つめ「ドライマウス」

ドライマウスとは口の乾きが

慢性的に続いて

生活の質が落ちる状態です。

 

特に更年期と更年期以降の女性に多く

唾液が出にくいので

唾液の抗菌作用が発揮できないのです。

 

また、唾液がでにくいと

他の病気になってしまう可能性もあります。

 

唾液を促す舌の運動

唾液を出やすくするために

舌の運動をしてあげて

唾液線を刺激してあげるといいです。

 

①舌でほおを押し上下に動かします。

左右で5回ずつやってください。

 

②次に歯茎をなぞるように

舌を1周させます。

左回り、右回り1回ずつ行ってください。

 

これでじわーっと唾液が出てきます。

 

スポンサーリンク

唾液線マッサージ

さらに3カ所ある唾液線のマッサージもお勧めです。

 

①耳下腺という上の奥歯付近を

うしろから前へ10回押します。

 

②顎下腺というあごの骨の内側にある唾液線を

耳の下から顎の下へ10回押します。

 

③最後に舌下腺というあごの先を

突き上げるように10回両手の親指で押します。

 

まとめ

唾液をしっかり分泌させることで

口臭予防ができるのですね。

自分の口の臭いってわからないからこそ

きちんと対策をしたいですね。

歯磨きだけでは口臭予防ができないとのことなので

舌苔用のブラシも買おうと思います。

 

スポンサーリンク