から揚げ 業務用 (1kg 1キロ)鶏から揚げ

8月11日の得する人損する人では

得損ヒーローズの家事えもんが

冷めても美味しいから揚げの

作り方を教えてくれました。

とても美味しそうなので

備忘録として紹介します。

家事えもんのから揚げのレシピ

ブライン液を作って漬け込むことで

冷めてもジューシーな

から揚げを作ってくれました。

 

材料

スポンサーリンク

鶏もも肉・・400g

ネギ(青いところ)・・1本

コーンフレーク・・100g

溶き卵・・1個

 

<ブライン液>

水・・100㏄

砂糖・・5g

塩・・5g

 

<からあげダレ>

めんつゆ・・大さじ3

みりん・・大さじ1

しょうがチューブ・・大さじ1

 

作り方

①鶏もも肉を柔らかくするために

フォークで穴をたくさんあけます。

 

②鶏もも肉を4~5cm角のひと口大に切ります。

 

③ブライン液の材料を混ぜ合わせて

保存袋などに入れ鶏もも肉を漬け込みます。

 

④長ネギの青いところを

一度縦に切った後

1㎝幅で切ります。

 

⑤④を③の袋に入れて

冷蔵庫で15分以上寝かせます。

 

⑥からあげダレを作ります。

めんつゆ3、みりん1、しょうがチューブ1が黄金比です。

 

⑦⑥のから揚げだれを⑤に入れて

再び15分以上冷蔵庫で寝かせます。

 

⑧保存袋にコーンフレークを入れて

ラップの芯などで5㎜程度の大きさに砕きます。

 

⑨鶏もも肉の袋の余分な液を捨て

つなぎの溶き卵を加えます。

薄く卵がコーティングされるようになじませます。

 

スポンサーリンク

⑩鶏肉をコーンフレークが入った袋に入れ

一度ギュッとして衣をしっかりつけます。

 

⑪フライパンに1㎝程度油を入れ

170℃に熱して揚げ焼きにします。

表面2分、裏面3分で完成です。

 

ブライン液の効果

砂糖がタンパク質と水分を結び付けて

よりジューシにしてくれて

塩で鶏肉の表面を固めて

ジューシーになった水分を

閉じ込める働きがあるので

より柔らかくなるのです。

 

まとめ

ブライン液は以前家事えもんが

やっていたので知っていましたが

からあげダレの黄金比や

コーンフレークの衣は新しいですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

得する家事 家事えもんと仲間たち「みんな得する家事ワザ」大全集

得する家事 家事えもんと仲間たち「みんな得する家事ワザ」大全集

 

 

スポンサーリンク