もっとおいしく、ながーく安心.食品の保存テク

8月20日の世界一受けたい授業では

年間6万5000円節約できる

ちょっと一工夫の食品長持ち術の

最新版として徳江千代子さんが

食品保存術を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

イチゴを長持ちさせる方法

イチゴは水洗いしてから保存すると

カビが出てしまったり

腐ってしまいます。

 

水気を切っているようで

実は水が残っているので

腐ってしまうのです。

 

いちごは洗わずそのまま保存して

食べる直前に洗うのがベストです。

 

第5位:みその保存方法

みそに入っている薄いシートは

取らないで保存する方が良いです。

 

みそは空気に触れると参加してしまい

劣化してしまいます。

 

みそを保存する場合は

使った後にへらなどで平らにならし

薄いシートなどで空気に触れないようにして保存します。

 

シートを捨ててしまった方は

ラップなどで密閉してもOKです。

 

スポンサーリンク

第4位:手作り麦茶

手作り麦茶は沸騰して煮出した後は

急速冷却して冷蔵庫に入れるほうがいいです。

 

ゆっくり室温に戻してから保存すると

細菌が増えてしまうので

それから冷蔵庫に入れても腐ってしまいます。

 

また、水だしで作る場合は

日持ちが悪いので2日で飲みきるようにしてください。

 

第3位:果物

桃の保存する場合は冷蔵庫ではなくて

常温で保存する方がよいです。

 

さらにキッチンペーパーにくるんで

風通しのいいところで保存すると

水分が飛びにくく変色も少ないです。

もちろん中身も綺麗なままです。

 

食べる2~3時間前に

冷蔵庫で冷やすと美味しく食べられます。

 

第2位:お肉

買ってきてそのまま冷蔵庫にいれがちな

お肉ですがそれはダメです。

お肉は空気に触れると酸化してしまうので

余った肉をトレーにラップをして冷蔵庫に入れるのもダメです。

 

お肉の表面の水分を取ってから

1枚ずつラップで包んで

冷蔵庫のチルド室で保存します。

 

また冷凍する場合も注意が必要です。

そのまま冷凍するとうま味が逃げてしまいます。

冷凍する前に氷水にくぐらせるのがポイントです。

 

氷水にくぐらせてから

水を拭き取らずに

ラップにくるんで冷凍するのが

正しい保存方法です。

 

スポンサーリンク

第1位:野菜(レタス・かぼちゃ)

かぼちゃを保存する場合は

種を取ってから保存する方が

長持ちします。

 

丸ごとのかぼちゃは

風通しのいいところで

2~3か月保存できますが

切った場合は栄養の多い種から腐ります。

 

切ったかぼちゃは種をスプーンで綺麗に取り除き

ラップで空気に触れないよにして保存します。

 

レタスを保存する場合は

包丁の切り口から傷みますので

1枚ずつ手で取って使います。

 

残ったレタスは

芯の部分につまようじを突き刺します。

3~4本差してから

ポリ袋に入れて保存するのがベストです。

 

芯に爪楊枝を指すことで

芯が成長しようとするのを防いで

腐るのを防いでくれます。

 

はちみつの保存方法

はちみつは常温で保存するのがベストです。

15℃以下になると結晶化して

白くなってしまいますので

冷蔵庫や冷凍庫に入れるのはよくありません。

 

コーヒーの保存方法

コーヒー豆を長期保存するのなら

冷凍庫で保存するのがベストです。

コーヒー豆は臭いを吸収してしまうので

1回に挽く分だけに小分けして

冷凍庫で保存します。

香りが全然違うと神木隆之介くんも言っていました。

 

まとめ

冷蔵庫で食品を腐らせてしまうと

本当にもったいないので

ちゃんとこれを実践して

食品ロスを減らしたいと思います。

節約にもなるので一石二鳥です。 

スポンサーリンク