マルハ アジアン味ガパオ 55g×3個

8月28日の林先生の初耳学では

自身を缶詰の女王と呼ぶ

1500種類制覇したタカイチカさんが

白ご飯と相性ばっちりの

おすすめの缶詰TOP3を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

第3位:東坡肉 豚の角煮缶

缶詰を作る過程で

調理をすることができるので

分厚いお肉にも味が染み込んで

美味しく食べられます。

角煮は缶詰で食べるべき一品なのです。

 

スポンサーリンク

第2位:天橋立オイルサーディン

モリクミさんも愛用しているという

オイルサーディンで

綿実油を使用することで

さっぱりとした油で

美味しく食べることができるのです。

 

第1位:アジアン缶 ガパオ&タンドリーチキン

第1位はガパオとタンドリーチキンが

選ばれました。

作るときは濃い目の味付けなのですが

缶詰が完成したときに

ちょうどいい辛さになるのです。

 

缶詰の旬

いつでも美味しく食べられると思っていた

缶詰なのですが

実は旬が存在するのです。

 

みかんの缶詰

フルーツの缶詰は果物の旬に製造されます。

しかし、長い間保存しておくと

シロップの甘みがみかんに移ってしまい

フレッシュ感を味わえません。

 

さらに柑橘類の缶詰の内側には錫が塗られ

長期保存すると金属臭がします。

 

スポンサーリンク

コンビーフ

コンビーフは製造後3か月が旬です。

お肉に塩味が馴染むのに時間がかかるので

しっかり味が馴染んだ3か月が

とても美味しく食べられます。

 

スイートコーン

スイートコーンは1年後が旬です。

コーンは薄めの食塩水のような汁に漬かっており

塩気がコーンに染み込むほど

より甘く感じるので1年後が美味しく抱けます。

 

桃とさば缶は半年後

ツナ缶、オイルサーディンは1年後が

それぞれ旬となっています。

 

 

まとめ

豚の角煮は缶詰に最適とは

今回初めて知りました。

ぜひ食べてみたいと思います。

 

缶詰マニアックス

缶詰マニアックス

  • 作者: タカイチカと缶詰研究会
  • 出版社/メーカー: ロコモーションパブリッシング
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

 

スポンサーリンク