ハーバード大学式 命の野菜スープ

9月10日のサタプラことサタデープラスでは

名医の健康法ベスト3のうちの1つに

高橋ドクターがハーバード式長寿料理として

ハーバード大学式野菜スープが紹介されます。

実際、どんなものか気になったので

作ってみて飲んでみたので

備忘録として紹介します。

目次

ハーバード大学式野菜スープとは?

高橋ドクターが提唱する

最強の野菜スープです。

かぼちゃ、たまねぎ、にんじん、キャベツを

何の味付けもしないで

ただ煮出しただけのスープです。

しかし、これが凄い効果があるので注目されています。

スポンサーリンク

抗酸化物質のファイトケミカルがたくさん

これらのスープを作るときに

皮ごと煮出して作るので

野菜の皮の付近にたくさん含まれている

ファイトケミカルが効率よく摂取できます。

ファイトケミカルとは食物繊維に続いて

第7の栄養素と言われている

植物の抗酸化物質のことを指します。

ファイトケミカルを取り入れることで

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • 免疫力アップ
  • ガンの予防
  • 美肌
  • アレルギーを抑える効果
  • 便秘解消
  • ダイエット効果

などの効果があります。

ハーバード大学式野菜スープを作ってみた

そんなに体にいいというのなら

私も実際に作ってみました。

塩も加えないスープなので

ほんのり甘くておいしいとは言うものの

どんな味がするんだろうという

という好奇心もありました。

材料

f:id:kinyanpu:20160910022041j:plain

キャベツ・・100g

にんじん・・100g

たまねぎ・・100g

かぼちゃ・・100g

水・・1リットル

スポンサーリンク

作り方

①材料をすべて3㎝角に切ります。

f:id:kinyanpu:20160910022208j:plain

まずは玉ねぎを切りました。

f:id:kinyanpu:20160910022242j:plain

かぼちゃも3㎝角です。

f:id:kinyanpu:20160910022302j:plain

にんじんも切って野菜は後で使いたかったので

一旦剥いてから玉ねぎの皮と合わせて

ネットに入れて一緒にいれました。

f:id:kinyanpu:20160910022412j:plain

きゃべつもざく切りです。

②全ての材料を鍋に入れて

水をひたひたまで注ぎます。

f:id:kinyanpu:20160910022531j:plain

ホーロー鍋の代わりに

圧力鍋が一番密閉性が高いので

こちらを使用しました。

圧力はかけていません。

③火にかけて沸騰したら

コトコトする程度の火加減で20分煮ます。

f:id:kinyanpu:20160910022616j:plain

④完成です。

f:id:kinyanpu:20160910022713j:plain

白いコップがなかったので

白い小鉢に入れてみました。

味は?

見た目は結構色が出ており

ちょっといい匂いがするので

期待して飲んでみたところ・・・

うすい!!

まぁ、塩も何も入っていないので仕方ないですが

かぼちゃのほんのりとした甘みと

玉ねぎの甘みが効いており

まずくはないが美味しくもないという感じです。

飲み方

この野菜スープは

1回200mlを飲むのが基本で

健康を維持したい人は1日に1~2杯

ダイエットをしたい人は1日に2~3杯

免疫力を高めたい人は1日に3~4杯

これくらい1日に飲む必要があります。

まとめ

野菜は全部国産にこだわって

玉ねぎは淡路島産のものを使用しました。

皮ごと使用するので農薬とか怖いですしね。

ちなみに今回の野菜スープは

そのまま飲んでもいいのですが

野菜も一緒に食べたいので

クリームシチューに変身する予定です。

ハウス 北海道シチュークリーム 180g×5個

ハウス 北海道シチュークリーム 180g×5個

スポンサーリンク