肌のきれいな人がやっていること、いないこと  ~月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法

9月10日のサタプラことサタデープラスでは

世界的名医の健康法2016夏として

菅原由香子先生が美肌のための

洗顔方法を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

菅原ドクターの美肌法

菅原由香子先生は46歳にもかかわらず

実年齢よりも14歳も若い32歳の肌年齢の持ち主です。

そんな菅原ドクターは3つの掟で

美肌を守っています。

 

スポンサーリンク

1.日焼け対策「青汁」

青汁を飲むことです。

シミの原因は活性酸素が内側から

攻撃されることで起こります。

青汁でそれをケアしてあげることが大切です。

 

2.日焼け対策「サングラス」

目から入ってくる紫外線で

脳がメラニンを生成の命令が出るので

サングラスをかけてあげることで

紫外線が入ってくる量を抑えてあげます。

 

3.洗顔・水分を吸い取る

①水道水ではなく、キッチンのカルキを抜いた

水を使って洗顔します。

塩素がタンパク質を破壊して

肌荒れの原因となってしまいます。

 

また、洗顔料をしっかりと泡立てて

泡で洗うことが大切です。

擦るのはNGです。

 

②泡を置いていくような感じで

泡洗顔を行います。

 

スポンサーリンク

③すすぐときは常温の水で

擦らないようにすすぎます。

温かいお湯はNGです。

 

④最後はタオルを使わずに

キッチンペーパーで

水分を吸い取るようにして

水分を除去します。

 

ドクターは漂白剤を使っていない

茶色いキッチンペーパーを使用していました。

 

 

まとめ

ついついゴシゴシしてしまうので

しっかりと泡立て洗顔したいと思います。

拭き取るときにペーパータオルを使うのは

とてもやりやすいのでいいですね。

 

スポンサーリンク