九州産 里芋(さといも・サトイモ)1kg  九州の安心・安全な野菜! 【九州・宮崎産・熊本産・大分産】

9月11日の噂の東京マガジンのやってTRYのコーナーで

帝国ホテル東京 なだ万の黒田廣昭シェフが

里芋の煮っころがしの

作り方を教えてくれました。

田楽風で美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

里芋の煮っころがしのレシピ

田楽味噌をつけると

よりおいしそうでした。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

里芋・・8個

かつおだし・・600cc

昆布・・10g

かつお節・・10g(パックにつめておく)

砂糖・・35g

みりん・・大さじ1と1/3

塩・・2g

うすくち醤油・・大さじ1

 

小麦粉・・適量

田楽みそ・・適量

 

作り方

①里芋は皮をむいて

一口大のサイズに切り

鍋で10分程度下ゆでをします。

 

②柔らかくなったら鍋のお湯を捨て

かつおだし、こんぶ、かつおぶしを入れ

沸騰するまで煮ます。

 

③②に砂糖、みりん、塩

うすくち醤油を加えて30分ほど煮ます。

 

④里芋と大さじ2~3杯分の出汁を

別の鍋に移して転がしながら

出汁を里芋に絡めていきます。

 

⑤水分がなくなったら

お皿に盛りつけて煮っころがしは完成です。

 

⑥田楽風を作ります。

キッチンペーパーで里芋の煮っころがしの

水分をふき取ります。

 

⑦小麦粉を全体にまぶして油で揚げます。

 

スポンサーリンク

⑧表面がきつね色になったら取り出し

お皿に乗せて田楽味噌をかけたら完成です。

 

まとめ

里芋おいしそうですね。

ただ、レシピを見ないで煮っころがしを

作れる自信はないですね。

ぜひ覚えておきたいと思います。

 

スポンサーリンク