Ray特別編集 おしゃれヘアカタログ500 2016 Autumn&Winter (主婦の友生活シリーズ)

9月11日の林先生が驚く初耳学では

小顔に見える分け目テクを

教えてくれました。

ちょっとした髪の分け方で

印象がまったく違いますので

備忘録として紹介します。

 

日本人を小顔に見せる分け目のテクニック

美容院に行ってばっちり髪型を決めてもらっても

家に帰ってきて自分でセットすると

なんか違うことがありますよね。

 

これは美容師さんたちが駆使している

分け目のテクニックがあったのです。

ある分け方を意識するだけで

日本人が小顔に見えるのです。

 

スポンサーリンク

日本人の頭蓋骨の形にポイントあり

これは日本人の頭蓋骨の形にポイントがあります。

欧米人に比べると日本人の頭蓋骨は

鉢と呼ばれる頭周りが横に広がっている

という特徴があります。

f:id:kinyanpu:20160911224631j:plain

 

そのため、センターわけをすると

頭の鉢の部分が広く見えてしまい

顔が大きく見えてしまうのです。

f:id:kinyanpu:20160911224656j:plain

 

美容師が使う小顔に見せる分け方

前髪の黒目の外から分け目を作ることで

小顔に見せることができます。

 

黒目の外側の延長線上に分け目を作ると

頭の鉢の大きさをカバーして小顔効果があるのです。

 

どうして小顔に見える?

頭のトップにボリュームを出すことで

ひし形を見せられるので

小顔効果が出るのです。

f:id:kinyanpu:20160911224738j:plain

 

スポンサーリンク

分け目を黒目の外側に作ると

自然とトップにボリュームができて

その結果日本人特有の鉢の膨らみを使いながら

ひし形を作ることができるので

顔を細く見せる効果があるのです。

f:id:kinyanpu:20160911224803j:plain

 

まとめ

以前紹介された初耳学では

ひし形もやっていましたが

口角が上がっているほうに

分け目を作ってあげると良いとされていましたね。

今回の分け方も合わせて使ってみたいですね。

 

スポンサーリンク