便秘を治す腸活テクニック (腸がヌルヌル動きだす教授の提案)

9月14日のガッテンは

便秘の新対策が紹介されます。

食物繊維やヨーグルトを試しても

全く効果が実感できなかった人も

8割の人に効果があったという

便秘解消のポーズを教えてくれます。

ポイントはうつ伏せになることです。

備忘録として紹介します。

 

便秘とは?

便秘とは3日以上排便がないことを指し

さらには便がかたくて量が少なかったり

便が残っている感じがある人のことを指します。

 

スポンサーリンク

便秘解消には大ぜん動

大ぜん動とは健康な腸に起こる現象です。

1日に1回、便を排出するために

通常の200倍のスピードで腸が動き

これを大ぜん動と呼びます。

 

大ぜん動とは

大ぜん動は1日に1~2回程度しか起こりません。

特に朝食後に最も起こりやすいとされています。

 

朝食後の10~30分程度の間に

大ぜん動が起こり

その間に排便をすると

スムーズに排便出来て便秘になりません。

 

朝食をとると胃に刺激が行き

それがスイッチとなって

下行結腸に大ぜん動を起こさせます。

その時にS字結腸の便が排出されるのです。

 

うつ伏せのポーズでガスを排出

便秘になってしまうと

腸内細菌がガスを発生させます。

 

そのガスが溜まってしまい

腸が張って大蠕動が起こらなくなってしまいます。

 

そうなると便秘がさらに悪化し

またガスが溜まる悪循環になります。

 

便秘を解消するために

腸を外から揉みマッサージなどがありますが

うつ伏せになって体重を

お腹にかけてあげることで

よりお腹全体に刺激を与えることができます。

 

その結果、大腸や小腸が刺激されて

ガスが移動するので

ぜん動運動が復活します。

 

スポンサーリンク

やり方

①座布団などを2つ折りにします。

 

②①の座布団にお腹が当たるようにうつ伏せになります。

この状態で10分保ちます。

 

③その後左右にゴロゴロとゆっくり5往復動きます。

 

④肩や腰をつかって全身で転がるのがポイントです。

 

まとめ

便秘になると本当にしんどいですよね。

私はあまり便秘にならないのですが

たまに出ないと本当につらいです。

大ぜん動でしっかりとケアしたいですね。

 

スポンサーリンク