レモン酢で体すっきり! ずっと健康! (TJMOOK)

9月17日のサタプラことサタデープラスでは

今年の夏のダメージを回復させる

レモン酢が紹介されました。

実家で私の祖母が似たようなものを作っており

美味しくておすすめです。

松崎しげるさんや大場久美子さんも

美肌や血管年齢若返り効果を感じられたようで

その作り方を備忘録として紹介します。

 

夏の肌のダメージ

夏の終わりは夏の紫外線を浴びた肌が

とてもダメージを受けており

なんと肌年齢は3歳以上も老けてしまいます。

 

肌のキメも3.5歳も老けてしまい

このまま放置しておくと

老化が蓄積されてしまいます。

 

この夏のダメージを改善してくれるのが

今回紹介されたレモン酢です。

 

レモン酢とは?

レモン酢とは名前の通り

レモンと酢を使った

フルーツビネガーです。

スポンサーリンク

 

レモンの美肌効果

レモンにはビタミンCが豊富に含まれています。

果肉にも多く含まれていますが

実は皮にもビタミンCが同じくらい含まれており

活性酸素などの体のさびから

細胞を守ってくれる働きをしてくれます。

 

さらにはエリオシトリンという

ポリフェノールの一種も含んでおり

こちらも高い抗酸化作用を持っており

アンチエイジングなどに効果があり

夏の紫外線を浴びたダメージの回復が期待できます。

 

また、レモンはクエン酸も豊富に含んでおり

クエン酸はTCA回路という代謝経路を動かすのに

重要な働きをしています。

 

ビタミンB群もTCA回路に重要な役割を果たし

レモンにはビタミンB群も含まれています。

 

TCA回路は代謝経路なので

糖や脂質をうまく代謝させるので

冷え症改善やダイエット効果も期待できます。

 

お酢の効果

お酢の効果はサタデープラスでおなじみの

酢しょうがに代表されるように

血液サラサラ効果がとても高いです。

 

良質のアミノ酸も豊富に含まれているので

夏に受けたダメージを回復させる

お肌の材料にもなります。

 

酢酸の効果で代謝が良くなり

こちらもダイエット効果が期待できます。

 

レモン酢のレシピ・作り方

皮ごと食べるので国産の物を

使用してください。

 

材料

国産レモン・・2個

醸造酢・・400ml

はちみつ・・60g

スポンサーリンク

 

作り方

①レモンは皮ごと使うので

しっかり表面を洗ってください。

輸入レモンの皮は使わずに剥いてください。

 

②ペーパータオルで水気をよく拭きます。

 

③レモンの両端を切り落として

5㎜幅の輪切りにしてから8等分にします。

 

④保存瓶にレモン、お酢、ハチミツを入れ

軽くかき混ぜます。

 

⑤蓋をして一晩ほど置いたら完成です。

これで12日分です。

 

飲み方

1日に大さじ5杯以上のむだけで

美肌効果があります。

 

大場久美子のカッテージチーズのレシピ

大場久美子さんはレモン酢を使って

カッテージチーズを作っていました。

 

作り方

①牛乳を70℃に温めます。

 

②レモン酢を加えて混ぜます。

 

③牛乳が分離して固まってきます。

 

④ペーパータオルで濾すだけで完成です。

 

ちょっとはちみつをかけると

デザートのようになります。

 

レモンは皮ごと食べるのが効果的

広島県のレモン農家さんは

レモンを皮ごと食べており

コロッケに刻んだ皮を入れていました。

 

血管年齢が10歳も実年齢よりも若い人が多く

これはポリフェノールがたくさん含まれている

皮を食べている効果だと考えられます。

 

果汁よりも皮には20倍も

ポリフェノールが含まれているので

ぜひ皮ごと食べるのがおすすめです。

 

ただし、輸入レモンはあまり皮ごと食べるのは

別の健康を害する可能性があるので

国産レモンのみにしておいてください。

まとめ

放送では色黒の代名詞ともいえる松崎しげるさんが

レモン酢生活を行って美肌になり

大場久美子さんが血管年齢マイナス17歳になりました。

リラックス効果もレモンにはあるので

ストレスを感じている人にもおすすめです。

スポンサーリンク