牛ほほ肉のパルマンティエのキッシュ Hachis Parmentier

9月18日の男子ごはんでは

秋の絶品おつまみ3品として

栗原心平さんと国分太一さんが

サーモンのパルマンティエの

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

サーモンのパルマンティエのレシピ

ほぐした鮭とマッシュポテトを合わせた

グラタン風のフランスの家庭料理です。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

じゃがいも・・小5個(320g)

サーモン・・2切れ(200g)

玉ねぎ・・1/4個(50g)

オリーブ油・・大さじ1

生クリーム・・1/2カップ

塩・・小さじ1

黒コショウ・・適量

パン粉・・大さじ1

 

<バジルソース>

バジル・・1/2パック(7g)

ピーナッツ・・大さじ1/2

オリーブ油・・大さじ1

塩・・小さじ1/6

 

作り方

①じゃがいもは皮を剥いて2~4等分切ります。

 

②鍋にじゃがいもをかぶるくらいの水を入れ

蓋をして15分茹でます。

 

③竹串がスッと通ったらゆで汁を捨てて

再び強火にかけて水分を飛ばします。

 

④火を止めてマッシャーで潰します。

 

⑤バジルソースを作ります。

バジルは細かく刻みます。

 

⑥すり鉢にバジル、ピーナッツを入れて潰し

オリーブ油、塩を加えて

滑らかになるまですります。

 

⑦たまねぎはみじん切りにします。

サーモンは骨を取り除いて

塩小さじ1/2と黒コショウを振ります。

 

⑧フライパンを熱してオリーブ油をひき

サーモンを強火で焼きます。

火が通ってきたら皮を取り除き

木べらで身をほぐします。

 

⑨⑧に玉ねぎを加えて炒めます。

 

⑩玉ねぎに火が通って透き通ったら

じゃがいもと生クリームを加えて炒めます。

味を見て塩コショウで味を調えます。

 

スポンサーリンク

⑪耐熱皿に移してパン粉を振り

トースターで5分焼き目がつくあmで焼きます。

 

⑫仕上げにバジルソースをかけて完成です。 

 

まとめ

パルマンティエのって初めて知りましたが

とても美味しそうですね。

おつまみにもいいですが

普通に晩ごはんにできそうです。

 

 

 

スポンサーリンク