1週間ステップアップ「ゆる体操」

9月21日のソレダメでは

秋バテを予防特集で疲れを取るために

休日にゴロゴロするのはよくないとのことで

疲れを取るためのゆる体操の

やり方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

疲れを取るためには軽い運動

休日に何もしないでいると

体内の循環が悪くなり

疲労物質が排出されなくなります。

 

軽い運動をすると血液や

リンパの流れが良くなって

疲労回復が図れるのです。

 

無理しない程度の体操を15分~30分

行うことがソレマルです。

 

スポンサーリンク

疲労回復のゆる体操

高岡英夫先生が

疲労回復のためのゆる体操を

教えてくれました。

体を緩めることで疲労回復ができます。

 

今回は

  1. 内臓疲労
  2. 全身疲労
  3. 脳の疲労

の解消法を教えてくれました。

 

1.内臓疲労回復「お腹ペコポコペコー体操」

呼吸によって内臓を大きく上下に動かす運動です。

息を3段階で吐くのがポイントです。

 

やり方

①お腹にいっぱい空気を吸います。

 

②息を吐くのですが3段階で息を吐きます。

「ペコー」と言いながら

お腹をへこませて息を吐きます。

 

③「ポコー」と言いながら

お腹を膨らませて息を吐きます。

 

④最後に「ペコー」と言いながら

お腹をへこませて息を吐ききります。

 

3回1セットとして

3セットを朝昼晩に行ってください。

 

横隔膜筋と腹横筋が刺激されて

体温を上げて代謝を促進し

内臓の疲労の回復が図れます。

 

2.全身疲労回復「膝コゾ体操」

横に寝転がって行います。

 

やり方

①仰向けに寝て膝の角度は90度に曲げます。

 

②右足を左足の上にのせて

ふくらはぎが膝に当たるように置きます。

この状態で力を抜いてください。

 

③膝にふくらはぎが食い込んだ状態から

ふくらはぎを上下に動かします。

動かしすぎないことがポイントです。

 

④位置をずらして場所を変えてください。

痛気持ちいいところを重点的にやってください。

 

スポンサーリンク

3.脳の疲労回復体操「脳幹モゾ体操」

背もたれのある椅子を使います。

 

やり方

①イスの背もたれに盆の窪という

首のうしろを上手に当てます。

 

②指で盆の窪を探して

正確に椅子の背もたれに当ててください。

 

③首を左右に少し動かします。

 

1時間に1分ずつ行ってください。

 

まとめ

手軽にできる運動ばかりでしたので

ぜひやってみたいと思います。

 

決定版 ゆる体操 (PHPビジュアル実用BOOKS)

決定版 ゆる体操 (PHPビジュアル実用BOOKS)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク