AED(自動体外式除細動器)を、使ってください―人工呼吸・心臓マッサージができなくても

9月21日のガッテンでは

家族の命を救うワザとして

心臓マッサージの応急処置や

突然死を防ぐ心臓ダイエットの

やり方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

突然死が起こるのは家

突然死は6割が心臓の異変や心肺停止が原因で

その突然死は76%も家で起こっているのです。

 

目の前で家族が倒れたら

何ができるか・・・

その一瞬が明暗を分けるかもしれません。

 

まずは119番は胸を押して

心臓マッサージをすることが大切です。

 

スポンサーリンク

心臓マッサージの目的

心臓が止まったら

心臓マッサージをするべきだというのは

学校で習ったり自動車学校の

救急処置の授業でも習いますよね。

しかし、なぜ心臓マッサージが必要なのか?

 

心臓を復活させてあげるためではなく

脳に血液を運んであげるために

心臓マッサージをするのです。

 

心臓マッサージで大切なこと

灯油のポンプのように

押してばかりでは

血液を送り出すことはできません。

 

心臓マッサージでは

血液を引き寄せるために

間を作ってあげることが大切です。

 

リズムはダイアモンドがピッタリ

心臓マッサージのリズムは

以前はうさぎとかめだったのですが

これだと押すことばかり意識がいきますが

 

プリンセスプリンセスの

ダイアモンドでは

裏打ちのリズムもあるので

引くことも意識されるので

血液を効率的に送り出すことができるのです。

 

心臓マッサージ(胸骨圧迫)のやり方

①胸の真ん中に手の付け根を置きます。

 

②ひじはまっすぐにして約5cm押します。

 

リズムは1分間に112回が目安です。

 

もし倒れていたら迷ったら

押すことが大切だそうです。

これで患者さんの助かる可能性が

ぐんと変わるとのことです。

 

③AEDがあれば持ってきてもらい

AEDと併用して心臓マッサージを行ってください。

 

今は人工呼吸をしなくても

心臓マッサージをすることが

大切だと言われています。

 

突然死を起こす原因

心筋梗塞を引き起こす

新しい犯人が最近判明しました。

 

それは心臓の脂肪です。

 

スポンサーリンク

普通の人も心臓には脂肪がついていますが

それが付きすぎるのが問題なのです。

 

心臓脂肪から血管が

心臓の動脈に伸びてきて

そこから毒素が送られてしまい

心臓の動脈が破壊されて血栓ができ

血管が詰まってしまいます。

 

心臓の脂肪を落とす心臓ダイエット

心臓の脂肪は別の番組で

場違い脂肪と紹介されており

内臓脂肪が多い人には

心臓に脂肪が溜まっている傾向があります。

 

この心臓脂肪は他の脂肪よりも

優先的に落ちていくので

心臓を使ってあげれば脂肪は落ちていきます。

 

心臓ダイエットのやり方

普段の心拍数よりも30程度高くなるくらいの

ちょっと息が切れるかな程度の

運動を行ってください。

 

ちょっと早歩きしたり

階段を積極的に使うだけで大丈夫です。

 

まとめ

歯周病菌も突然死にかかわるとのことで

歯磨きはしっかりしないといけないですね。

心臓マッサージをする機会が

普通はそんなにないので

今回の放送をしっかりと頭に入れておこうと思います。

 

「緊急手当」の早引き便利帳 (青春新書プレイブックス)

「緊急手当」の早引き便利帳 (青春新書プレイブックス)

 

 

 

 

スポンサーリンク