箱根の名水でつくる生麩・ゆば 箱根角山 もみじ麩

11月21日のあさイチの解決ゴハンでは

料理旅館主人の中東久人さんが

京料理や精進料理に欠かせない生ふを使って

生ふの揚げ出しの

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

生麩の揚げ出しのレシピ

素揚げにした生麩に

カブで作ったあんかけをかけた一品です。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

生麩・・80g

よもぎ・・80g

かぶ・・大1個

 

【A】

だし・・100ml

みりん・・大さじ1

薄口しょうゆ・・大さじ1

 

水溶き片栗粉・・小さじ2

塩・・少々

揚げ油・・適量

 

作り方

①かぶは皮をむいてすりおろします。

ガーゼに包んで絞って水気を切ります。

絞った汁は取って置いてください。

 

②かぶのしぼり汁を鍋に入れて沸かし

あくが出たら取り除きます。

 

③②に【A】を加えてひと煮立ちさせたら

水溶き片栗粉を加えてかぶらあんを作ります。

 

④生麩を2.5cm角に切り

150~160℃の油で膨らむまで3分程度揚げます。

 

スポンサーリンク

⑤生麩が揚がったら取り出して

かぶの茎もサッと揚げて塩を振ります。

 

⑥器に揚げた生麩を盛って

すりおろしたかぶを添え

かぶらあんをかけたら完成です。

 

まとめ

生麩を素揚げにしたら

めちゃくちゃ美味しそうですね。

やってみたいと思います。

 

スポンサーリンク