マルコメ プラス糀 米糀からつくった甘酒 125ml×18本

12月5日のNHKのあさイチでは

甘酒が特集されて

麹ともち米と炊飯器で作る甘酒と

甘酒を使った手毬寿司や鶏団子鍋の

作り方を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

 

飲む美容液「甘酒」

今、甘酒が飲む美容液として人気です。

栄養価が高くてモデルや女優さんにも人気です。

継続して飲むことで美肌効果が期待できて

お肌のキメが整うとのことです。

 

甘酒には2種類あって

米こうじのみ

酒粕+砂糖

が原料になっているものがあります。

 

今人気なのは米こうじのみを使って

作っている甘酒が人気です。

 

あさイチで紹介されていた八海山の甘酒は

Amazonや楽天の通販でも買えますよ。

 

甘酒のレシピ

私が作っているのとは違うレシピが紹介されました。

 

材料

もち米・・1/2合

水・・100cc

米こうじ(乾燥)・・70g

 

作り方

①もち米を炊飯器に入れておかゆモードでおかゆにします。

 

②おかゆになったら水とほぐした乾燥麹を入れます。

 

③あらかじめ熱湯で保温しておいた保温ポットに②を入れます。

 

④全部入れたら蓋を少しずらして閉めます。

 

スポンサーリンク

⑤夏場は8時間置けば完成です。

冬場で温度が低いときは4時間後に

鍋で再び弱火で1分くらい加熱するとよいです。

 

冷蔵庫で1週間保存可能で

冷凍庫では1ヶ月保存できます。

 

甘酒手毬すしのレシピ

 

材料

米・・2合

酢・・80cc

甘酒・・90ml

塩・・小さじ1

 

作り方

①すし酢を作ります。

砂糖の変わりに甘酒を加えて作ります。

 

②炊いたご飯に①を加えてすし飯を作ります。

 

③大きめに切ったラップの上にネタを乗せ

その上にひと口大の②を乗せてラップで丸く形を整えて完成です。

 

スポンサーリンク

鶏団子鍋のレシピ

甘酒の効果で鶏団子がふわふわになります。

 

材料

鶏ひき肉・・250g

ねぎ(みじん切り)・・大さじ1

しょうが(みじん切り)・・小さじ1

甘酒・・大さじ1

塩・・小さじ1/2

 

手羽元・・4本

甘酒・・大さじ2

塩・・小さじ1/2

 

昆布だし・・1リットル

 

スポンサーリンク

作り方

①鶏ひき肉にねぎ、しょうが、甘酒、塩を加えて混ぜます。

 

②しっかりと混ぜ合わせたら

冷蔵庫で1時間か常温で4~5時間置きます。

 

③手羽元も袋に入れて甘酒と塩を加えて冷蔵庫で1晩寝かせます。

 

④鍋に手羽元と昆布だしをいれて弱めの中火にかけ

じわじわと温度を上げます。

55~60℃が酵素が一番活発になります。

 

⑤野菜と火を止めて鶏団子を加え

再び火にかけます。

 

⑥具材が煮えたら塩で味を調えて完成です。

 

まとめ

甘酒をもち米で作ったことはないので

このレシピでもやってみたいですね。

でも、炊飯器を開けたまま保温するのが

一番簡単だと思いますよ。

こちらにレシピを載せています。

スポンサーリンク