米ザワのわら納豆90g×5個入

2月28日の有吉弘行のダレトクでは

藤田ニコルさんとバイキングの小峠さんが

岩手県西和賀町を訪れて

極寒の地でしか食べられない幻の納豆が紹介されます。

以前、雪納豆の作り方を調べていたので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

幻の雪納豆

藤田ニコルさんと小峠さんが一緒に

岩手県の幻の納豆を紹介してくれます。

 

この幻の納豆とは雪納豆というものです。

 

雪納豆とはその名の通り、雪を利用した納豆ですが

伝統の技で今では作る人が

ほとんど居ないためになかなか手に入りません。

 

雪納豆のお取り寄せ

雪割納豆なら楽天にありました。

 

幻の雪納豆のレシピ

雪の中に湯たんぽと一緒に入れて

再度発酵させることで作ります。

スポンサーリンク

材料

大豆・・5合

納豆・・1パック

ワラつっとう

朴葉

むしろ

ワラ

 

作り方

①大豆を指で押して潰れるくらいに柔らかく煮ます。

温かいうちに納豆と混ぜます。

 

②ワラつっとうに朴葉をセットしておき

納豆を混ぜた大豆を素早くワラつっとう内の朴葉に入れます。

 

③最後にワラを1本大豆の中に入れてあげると

うまく発酵しやすいそうです。

 

④むしろにワラを敷いて納豆つっとうを並べて

大根の干し葉を熱して周りに当てて、きつく結わえます。

 

⑤雪穴を1mくらいの深さに掘って

底にお湯を入れた湯たんぽを置いておきます。

 

⑥ワラを敷き納豆をいれたむしろを穴にいれ

さらにワラを上にかけて雪を乗せて重しにします。

 

⑦3日間雪の中で寝かせておき

もう1日冷たい小屋の中で熟成させます。

こうすることで豆が締まって糸引きがよくなるそうです。

これで完成です。

 

 

まとめ

雪国でないと試すことができませんが

ちょっと作ってみたいですよね。

 

スポンサーリンク